堺市の変人

堺市から情報を発信する変人親父です

行って来ました「キリンビール神戸工場」

先週の金曜日、家内の休暇を利用して「キリンビール工場(神戸市北区)」に行ってきました。

というのも、10月に職場の日帰り旅行が「キリンビール工場見学」&「サバイバルゲーム」というもので、家内が下見を兼ねてのビール工場でした。

 

ナビがあれば堺市からでも2時間足らずで到着、11時半位に工場内の「丘の上のレストラン」に入りました。平日でしたので席も選び放題、ただ、エアコンの調整中でしたので窓から離れた席に案内されました。(土日なんかは予約した方が無難です。)

 

早速、ビールの注文、「一番搾りプレミアム」「キリン ブラウマイスター」「一番搾り<黒生>」あたりがお薦めのようです。

ビール職人が目指した飲み飽きることのない、芳醇でしまりのある味わいという説明に「キリン ブラウマイスター」のハーフ(200mℓ)を試してみる事にしました。

 

次は料理、義母は「一番搾りの牛肉のビール煮込み」、家内は「黒生のハンバーグステーキ」、私は「ローストビーフ」といったところです。

 

ランチバイキングですので、料理が出て来るまでに、ご飯、パン、サラダ、あて?なんかを取りにいきます。

義母と家内は、サツマイモの甘煮?みたいなもの、私はポテトフライが美味しかったです。

 

先ずは、ビール!日頃ほとんどお酒を飲まない私ですが、さすがに「ブラウマイスター」は美味しかったです。

ビール特有の苦みや切れといったものとは別の味わいです。しっかりした「麦芽」の味わいといった深みがあります。それでいてシツコク無く「スッー」と喉に入っていきます。

これなら私でも2~3杯はいけそうです。(麦芽は市販の2倍位使っているそうです)

 

義母の煮込みを一口食べてみました。肉は柔らかいですが味が濃い目で牛肉の味がスポイルされているかな?(ただし、好みの問題です。)

ハンバーグは食べていません。私が頼んだ「ローストビーフ」、これは、なかなかの味でした。しっかりと肉の味がしています。(ただし、近年ローストビーフを食べた記憶の無いオッサンの感想です。)

 

ブラウマイスター」が空になりました。家では家内が飲む「酎ハイ」を1~2口飲んで満足しているオッサンですが、もう一杯飲みたくなりました。

次は「一番搾りプレミアム」、同じくハーフで飲んでみました。

苦みと切れは最高!市販のビールより厳選された麦芽を使っているという事もあって味に深みがあります。(ビール好きには堪らないと思います。)

 

お子様みたいなビールの飲み方ですが、ビールと料理に大変満足しての帰宅でした。

家内がお土産に買って帰った「ジャイアンプリッツ  キリン一番搾り」、職場に持って行ったら、これも大好評!ただ、ビール工場のお土産だけあって「ビールが飲みたくなる!」ちょっと濃い目の味だったようです。

 

しかし、帰ってからの義母の「やっぱりお母さんは鮨の方がええわ」の一言を聞いた時には、思わずひっくり返りそうになってしまいました。

猫は働き者?

家の猫はかなり甘えたです。

「ニャーとよく鳴く猫は甘えたである」と以前書きましたが、甘えた猫の代表選手のごとく凡猫はよく鳴きます。

家内が呼ぶと「ニャー」と可愛い声で返事をして寄ってきます。散歩に出ようと名前を呼んでも反応しない時もある凡犬より余程犬らしい猫です。

 

そんな猫がとにかく可愛いのか、家内は猫に対しては甘々、正に猫可愛がりそのものです。

犬に対しても甘いですが、犬に対する甘さがカップ一杯のコーヒーに砂糖がスプーン一杯分なら、猫に対しては砂糖20杯分位、普通の人は甘過ぎて飲めません!

 

今日も家内が仕事から帰ると、どこかに隠れて寝ていた猫が「にゃぁ~ん」と甘えた声をだしてリビングに出てきました。

家内もとびきり優しい声で猫の名前を呼び、抱き上げてから椅子に座ります。

まずは帰宅の挨拶といった所でしょうか。

着替えもそこそこに「可愛い、可愛い」「世界で一番可愛い」とか言いながら猫を撫でています。病気です!

 

猫もいい気なもんで、家内の膝の上でゴロゴロ喉を鳴らしながら目を細めています。

私に対する厳しい態度はどこに行ったんや!と思うくらい幸せそうに寛いでいます。

 

今日は家内が「凡猫の仕事は私を癒す事、癒してくれるから頑張って働ける、本当に凡猫は働き者や、世界で一番働き者」と聞き捨てならぬ事を言っていました。

 

私や犬の立場はどこに?!

東北大震災の時、愛犬の亡骸を渡されたご婦人が号泣している映像を見ました。

その時「旦那が亡くなってもここまで泣かんやろなぁ・・・」といった思いが即座に頭に浮かびました。

 

きっと我が家でも同じような事が起こりそうです。

 

クックパッドの「鯛めし」

義母のところに釣り好きの親戚から鯛が送られてきました。

大漁だったそうで、大きな天然真鯛が三匹も入っていました。

 

義母は身体が不自由なので鯛をさばくことが出来ません。そこで私の出番です。

料理は苦手ですが、家内が魚をさばく事が出来ないので、本を見て、見よう見まねで覚えました。

 

家内は未だに魚がさばけません。というより全くさばく気がありませんので、魚をさばくのは私の仕事となっています。(「料理を全くしないのだから、それくらいしたら!」という家内の声が聞こえてきそうですが・・・)

「さばける」と言っても下手ですので背骨に身が沢山残っています。

 

義母は焼き魚より刺身派です。(焼き魚だったら楽なのに)

三匹を三枚におろし、刺身を半身分だけ作りました。一匹分は義母のお友達におすそ分け、一匹分のアラ(頭と骨)は義母が潮汁にするというので置いてきました。

我が家の取り分の一匹分と半身を貰ってきました。

 

私は鯛の塩焼きが大好物、取りあえず身(三枚)は全部を塩焼きにしました。

しかし、寄る年波かそんなに沢山は食べ切れません。大き目の半身を家内と二人で食べればお腹一杯になってしまいます。

 

残りの塩焼きを見ていた家内が「鯛めしを作ってみる」と言い出しました。

昔は、鮮魚が売りの炉端に良く行ったものですが、そこで出される土鍋で炊いた「鯛めし」の美味かったこと・・・ついつい思い出してしまいました。

 

しかし、あの「鯛めし」を家内が作れるとは到底思えません。

そして次の日の夕食は「鯛めし」、

疑いつつも一口食べてみると、これが意外といけました。

 

家内に聞くと「クックパッドを見て作った、土鍋なんか難しいから炊飯器で」、クックパッドなら「鯛めし」と検索するだけで何種類ものレシピが出てきて、その中から自分に合った調理方法を見つけて作るだけのようです。

「つくレポ」で実際そのレシピを見て作った人の感想も読めるので安心して新しい料理に挑戦できるそうです。

 

そういえば、私の弟も定年退職してからは「クックパッドを見て料理を作っている」と言っていました。

冷蔵庫にある残り物を入力して料理を検索すれば、半端に残ってしまった食材の活用にもなるらしいです。

 

褒めても文句を言っても「クックパッドみたら誰でも作れるからやってみたら!」、感想は慎重に!

とにかく今日の鯛めしは、初めてにしては結構いけました。

「ハザードマップ」生かしきれず!

西日本豪雨の被害は予想を遥かに越えたもので、中国・四国地方では日を重ねる毎に被害が拡大していました。

私の友人も広島県安佐南区ですが、窓から見える川の水がみるみる増え、氾濫するのではと気が気で無かったようです。

幸い友人宅は被害を免れたようですが、彼女はハワイ(ハワイ島)在住で、たまたま里帰りしていて豪雨に遭ったとの事でした。

 

彼女の住んでいるハワイ島も、今、キラウエア火山が噴火し、近来に無い被害をもたらしているとニュースで取り上げられていました。

今回のキラウエアのマグマは、地下水脈まで達しているので水蒸気爆発がどこで起きても不思議ではないとの事でした。

また、今回のマグマの活動は長期化するような事も現地では言われているようです。

 

さすがに、そんな彼女の「自然の脅威を感じました。」という言葉には説得力があります。

しかし、生来の楽天家か?「ハワイに帰ったら家が無くなっているかも?」と笑っている彼女の言葉に少し救われる気持ちです。

 

豪雨の後の新聞に「ハザードマップ」生かしきれずという記事が掲載されていました。

今回の豪雨で4分の1が冠水した岡山県倉敷市真備町の想定「ハザードマップ」と今回浸水した区域がほぼ一致していたという記事でした。

 

被災された住民の方は、「知っていたがまさかと思っていた」「(ハザードマップを)見た事も無い」等の声が挙がっているようですが、市は「(ハザードマップを)繰り返し確認する対応が必要だった」との反省の声も出ているようです。

 

傾向としては、大雨で被害に遭うのは、昔は人が住んでいなかった比較的新しい住宅地が多いように思われます。

「人のうわさも75日」とか言われますが、昔の教訓が現代に生かされていない部分も否めません。

 

行政の徹底した「ハザードマップ」の周知活動は当然必要ですが、住宅(土地)販売時に「ハザードマップ」の提示を業者に義務付けるような法整備も行って欲しいものです。

事は「命」の問題です。

交通事故

先日、たまたま交通事故を見ました。と言ってもマンションからですので目の前ではありません。乗用車が3台くらいと、パトカーや消防車が数台止まっていました。

 

よく事故がある道なので、「玉突き事故なのかなぁ」と思っていましたが、次の日のニュースで死亡事故だった事が分かり驚きました。

原付の青年が乗用車の男性に煽られたあげく、後ろから追突されて亡くなったという痛ましい事故でした。

 

多分、止まっていた乗用車は目撃者、ぶつけた男は殺人容疑で逮捕されたようです。

原付の青年に追い越されたというだけの理由で1キロにわたり後をつけ煽りt続けたあげく後ろからわざと追突したということで許しがたい行為です。

余りにも悪質である事から殺人罪が適用されるようです。

 

この男の逮捕に一役買ったのが、「ドライブレコーダー」だったようです。

男の悪事を全て記録していたのです。もしかの時に自分を守るために搭載していたドライブレコーダが、自分が犯した罪の動かぬ証拠になったようです。

 

最近「ドライブレコーダー」を搭載する車が増えています。

我が家の車にも搭載していますが、他車だけで無く、自分の運転も記録されているのだという自覚を持って、安全運転を心掛けなければならないと思いました。

 

と、言いながら私は運転免許を持っておりません

家内に重々言い聞かせておかなければと思っています。

「青春の影」

フォークソンググループ、チューリップの代表曲の一つに「青春の影」があります。

この歌を聴く度に、家内が「この歌、結婚式なんかに使われる事もあるような歌やのに、なんで影なんて暗い題名なんやろな?っていつも思うねん」と首をひねっています。

 

今日も久しぶりにこの曲を聞きましたが、やはり「なぜ なぜ」状態です。

改めて、歌詞をじっくり聴いてみました。

「君を迎えに行く」、やはり結婚の申し込み?

結婚は人生の墓場やから「影」?

そんなところやろと言うと、家内は「夢がない」と一言。

 

家内の言い分は「自分の大きな夢を追うことが  今までの僕の仕事だったけど  君を幸せにするそれこそが  これからの僕の生きるしるし」と書いてあるから、この男は夢に挫折したんと違う?今まで待たせた彼女と結婚して普通の男に?

ちょっとズルいような気もしますが、という事らしいです.

 

作詞・作曲の財津和夫は「ただ、二人の関係が恋から愛に変わった」「単純に主人公の男の成長を歌にしてみようと思った」「ただの男と、ただの女になる事が幸せにつながると言いたかった」などと言っておられるようです。

 

しかし、それならば、なぜ「影」なのか?やはり私には解せません

次にこの歌を聞くときも、同じように「影」?と思ってしまいそうです。

 

先日、「落陽」を書きましたが、ひと昔前の歌「フォークソング」は歌詞の表面だけでなく裏があり、奥が深いような気がします。

何度も聞いてはじめて歌詞の意味に気付くといった事もあります。

 

それだからこそ、名曲は何年たっても色あせないのかな?

聴き込むほどに意味が分かり、歳を重ねるほどに理解が深まる事もあります。

クラシックしかり、ベートーベンの交響曲3番の第2楽章は、葬送行進曲と題が付いていますが、この第2楽章、若い頃は一番退屈した部分でしたが、いまでは第2楽章が一番聴き入ってしまう部分です。

 

私も高齢者の仲間入り、フォークソングをそういう風に思ってしまうの古い時代の人間かも知れません。

赤紫蘇シロップ

行きつけのコーヒーショップで赤紫蘇ジュースを仕込んでおられました。

毎年、赤紫蘇の季節になれば、京都大原の赤紫蘇でジュースを作り販売されます。常連さんの中には心待ちにしている方もおられるようです。

 

なんでも「夏場に飲むとさっぱりして美味しい」とか「これでお酒を割ると何杯でも飲める」(そこまでして飲む?)などと言っておられる方も居られるようですが、店長に聞いた話を家内にしたところ、「私も作ってみたい」!

早々に行きつけの道の駅に行ったところ、無農薬の赤紫蘇を販売していましたので、家内は喜んで二束も買い込んでいました。

 

「始めて作るのに一束にしとけばいいのに・・・」と思いましたが、そんな事を一言口にしようものなら百言くらい返ってくるのは火を見るよりも明らかです。

「沈黙は金なり」!

 

翌日、道の駅でもらったレシピを見ながら、いそいそと赤紫蘇シロップ作りに励んでいました。不思議とジャムとかシロップ系は労をいとわずに作ります。

 

出来上がったシロップは透明な赤色でとても綺麗です。

シロップを水か炭酸で4倍くらいに薄めて、氷を浮かべたらとても美味しそうです。

家内は、出来上がったシロップを冷まし、小さいペットボトルに入れて義母のところに持って行きました。

義母は以前にも友達が作った紫蘇シロップを貰って飲んだことがあるようです。

「こんなん作ってんけど飲む?」という家内の問いかけに「飲む!」と即答していました。

 

しかし、飲んでみたとたん「甘さが足りへんな」とバッサリ・・・

酢を入れて作ったという家内に対して「友達はクエン酸を使って作ってた、もっと甘くて飲みやすかった」などなど実の娘だけに言いたい放題です。

 

「シロップ入れて飲んだら?」と言って置いてきたようですが、余り気にいっていないような義母が飲んでくれるかどうか・・・

 

家内は「次はクエン酸で作ってみる」とリベンジする気マンマンです。

次の作るのは今回作った分を飲み切ってからにしてくれよ・・・と思わず心の中でつぶやいてしまいました。