堺市の変人

堺市から情報を発信する変人親父です

「夜の大捜査線」

田舎町の警察署長のビル(ロッド・スタイガー)とフィラデルフィアから来た凄腕の黒人刑事ヴァ―ジル(シドニー・ポワティエ)の絶妙な掛け合いが見どころの「夜の大捜査線」、名作中の名作です。

 

ロッド・スタイガーシドニー・ポワティエ、二人のアカデミー賞俳優がみせる微妙な間合いには感心させられますが、二人の会話は全てアドリブだったとは驚きです。というより信じられません!

 

アカデミー賞の五部門(作品・主演男優・脚色・編集)を受賞していますが、やはり、この映画の良さは人種問題をタイムリーに捉えている事に尽きるような気がします。

 

有名なマーティン・ルーサー・キング牧師の「私には夢がある」の演説が1963年、公民権法(差別禁止)が成立したのが1964年、この映画の制作が1967年ですので、アメリカで公民権運動が盛り上げっている最中の作品という事になります。

 

登場人物の心理描写がきっちりされていると共に、推理小説のようにストーリーが展開しますので「ハラ ハラ」「ドキ ドキ」、観ていて飽きません!

CGも無い時代です。この映画で史上初めて「ズームレンズ」を使ったという事でも分かるように、普通のフィルムカメラでそのまま撮っています。人間が飛んだりしませんので、かえって現実感が有ります。

 

黒人に偏見を持っていたビルも最後にはヴァ―ジルの刑事としての腕を認めざるを得ず、駅を去る終幕では握手をして別れるというアメリカ的なエンドとなっていますが、アメリカの人種問題の根の深さを改めて考えさせる映画です。

 

黒人俳優のポワティエは、黒人俳優として初めてアカデミー賞を受賞しましたが、同じ人種問題をテーマにし、彼がアカデミー賞を受賞した「手錠のままの脱獄」、

これも観て損はしません!

広告を非表示にする

ロバート・B・ライシュという男

NHKのBS世界のドキュメンタリーで「みんなのための資本論」という番組をやっていました。

彼は、フォード・カ―タ―大統領の下で働き、クリントン大統領の下では労働長官も務めた米国を代表する政治経済学者です。

 

彼の理論は単純にして明快、「米国の経済の7割が個人消費に支えられている。中間層の消費を促す政策が不可欠だとしています。」

最上位1%の所得が劇的に伸びると反面、中間層の所得水準が低下している。米国の総所得の4分の1が人口の1%に集中している。この経済格差の拡大が経済成長を鈍らせているとしています。

 

投資家で上位1%に属するニック・ハノ―アーは、「私は一般的なアメリカ人の1,000倍稼いでいますが、枕を1,000個買うことは無いです。どんな金持ちでも寝る時に使う枕は1個か2個です。これが格差が拡大する原因の一つです。」

ライシュは「富裕層はお金を使い過ぎると思われていますが実際は逆です。彼らの支出は少な過ぎて十分な経済活動に使われていない。」

 

米国でも、中間層の消費が力強かった時代は経済活動が正常に回っていたようですが、振り返ってみると高所得者所得税が高かったようです。

 

政治に使命である所得の再配分が機能していたようです。

しかし、今では米国でも高所得者の税率が下がっているようです。法人税の低下は容認出来る部分もありますが、高所得者の税率の低下は危険が伴うようです。

 

税制を真剣に論議しお金が巷に回るようなシステムつくりも必要になって来るかもしれません。

欲を言えば、労働人口の減少を伴う「人口減少と高齢化」が引き起こす、マイナス成長時代をどう乗り切るか?ソフトランディングの方法も盛り込まれていたらと思います。

日本は、その事を避けて通れない時期に来ています。

 

それにしても、アメリカでは長官(日本でいえば大臣)を政治かではなく、その道の専門家が勤めるという事がよく有るようですが、羨ましい限りです。

有る「街頭演説」

今日、泉北泉ヶ丘駅の改札前を歩いていたら、衆議院選挙の候補者が街頭演説をしていました。

あまり興味が無かったので、チラシも受け取らず通り過ぎ郵便局で用事を済ませ、又改札前を通ったのですが同じ候補者が声を張り上げ行き交う人々にそれなりの訴えをしていました。(内容は覚えていません。)

 

何気なく候補者の足元に目をやって驚きました!

何と、その候補者はスニーカーを履いていたのですが、右足の踵を踏んでスリッパのような穿き方です。

気になって、一度通り過ぎたのですが又引き返し確認しましたが、間違いありません。

 

国民に自分の主張を訴え、清き一票をお願いしているのですからスリッパのように踵を踏んで靴を履いてお願いするというのは私には考えられない事です。

「それは無いやろ!」と思わず呟いていました。

 

私は、この一議員を批判するつもりは有りませんが、国のリーダーとも言える国会議員がこのような認識しか無いというのは嘆かわしい事です。

 

現在、日本は「財政再建」「少子高齢化」「貧富の差の拡大」「核拡散防止」「世界的なポピュリズムの台頭」「原子力政策」等、わが国の平和と国民の生活に直結する重要な課題を抱えています。

最も懸念されるのが、それらの課題を克服すべき政治の主導性が発揮されず、問題の先送りと、その場凌ぎの国民受けする政策の繰り返しに終始し、50年先、100年先を見据えた真剣な論議が全くなされていない事です。

 

日本の将来を託す議員の質が低下しているのかな?

そんな事を感じてしまう一幕でした。

広告を非表示にする

私は「45年は穿いてます。」

NHKの美の壺で「ニッポンのデニム」という番組を放送していました。

元々ジーパン好きの性分ですので、興味深く最後まで観てしまいました。

 

驚くことに、今では「スーツ」や「着物」なんかもデニム生地というのが有るらしいです。

デニムでスーツ?少しばかり違和感が有りますが、映像を見ると上品な正統派スーツといった感じで驚きました。着物も然りです。

調べてみましたら値段もそんなに高く無く、現役時代なら一着はと思ってしまいます。

(今はスーツを着る機会がとんと無くなりました。)

 

ジーンズの町「児島」(岡山県)で600本のジーンズを集めている人が紹介されていましたが、「ジーンズは着ているうちに味が出て来る!」という言葉に、私も「我が意を得たり!」と共感を覚えました。

買う時点で味が有るのは邪道との思いが更に強くなったような気がします。(年寄りの意固地さです!)

 

このオヤジ、古いものでは35年はいているジーンズを紹介して、使い込んだ風合いを自慢しているようでしたが、私が「35年も穿いているのは凄いな!」感心していると、家内から「あんたも40年以上穿いてるのと違う?」との言葉が返って来ました。

 

よくよく考えてみると、10代でジーンズを穿き始めたら、50年という事になってしまいますが、残っているので一番古いものは「Lee」のジーンズです。

20代で買った物ですから、もう40年以上になります。なんと今でも現役です。

 

改めて自分の歳を痛感した一コマでした。

久し振りの「コストコ」

今日は、久し振りに家内と義母と三人でコストコに行ってきました。

義母は脚腰が悪く押し車が無ければ歩けませんが、今日は一生懸命押し車を押して試食品巡りをしておりました。

「一人でちょこちょこ何処かに行くから困る!」と義母を探し回っていた家内!

私は、カートを押しながら買う品物を家内が持ってくるのを待つ係です。

何時もは夕方の人が少なくなった頃合いに行っていたのですが、昼過ぎでしたので試食も多く、義母は、全ての試食を制覇する程の勢いでした。

 

今日買った物の中でお薦めは、

クレラップ3本組  22㎝ 748円

クレラップ3本組  50㎝ 998円

どちらも50mのものなので22㎝のもので一本約250円、30㎝のもので約330円となります(税込みです)ラップはスーパーで購入すると結構高いのでお得感満点です。

ニッポンハム シャウエッセン 980g 1,398円

普段はスーパーで魚肉ソーセージなどを買っていますが、コストコに行った時くらい・・と思って何時も買っています。

アルトバイエルンも同じ量、同じ値段で販売されていますのでお好みで!

 

それに加えて、今日は「USプライムビーフ 肩ロース」が安くなっていたので(グラム199円)思い切って購入しました。

アメリカの牛肉は赤身でアッサリしているので和牛より多く食れます。プライムビーフ以外のアメリカのステーキは固くて喉に行くまで時間がかかりますが、コストコのプライムビーフなら柔らかく牛肉の味もしっかりしていますのでとても美味しく頂けます。(私は、牛肉でもマグロでも赤見派です。)

歳をとると余計に脂がしつこく感じてしまいます。

 

上記の品物以外にもセールになっている物を選んで家内は購入していました。

カルビーポテトチップス(のりしお)スーパービッグパック(500g)が今日は120円引きの398円、月曜日に職場に差し入れに持って行くらしいです。

 

そして忘れてはいけないのが、レジを出た後の軽食コーナーで買える「北海道ソフトクリーム」、カップに入った普通のソフトクリームですが濃厚なミルクの味がして美味しいらしいです。

ワンカップ200円とお手頃値段は嬉しいようです。

 

私は、何時も混んでいる「コストコ」が苦手です。

所詮、荷物持ちという役所ですが、家内や義母など女性陣は「コストコ」が大好き!(家内の友人にもコストコ好きが多いみたいです。)

「こんなに大量に買ってどうするねん」とも思いますが、女性を引き付ける何かがコストコにはあるのでしょうね。

買いました「ジッポー」

使わなくなって20年余り、ずっと使い捨てライターを使っていたのですが、難波に出た時に何気なく立ち寄った「ジッポー」専門店、難波高島屋のすぐ近くに昔から有る店ですので御存じの方も居られると思います。

 

ジッポーのライターは、これでもかという位多くの種類が有りますが、私の好みは何の装飾も無いシンプルな物です。

ブラス(真鍮)のメッキ無しかスターリングシルバーなんかは長く使い続けても飽きません!

 

店の中を見て回ったのですが、目に付くのはシンプルな物ばかりです。

その中で、中古品のブラスが目に入りました。新品なら6,000円近くするライターが2,080円!買ってしまいました。

 

ご存じの方も多いと思いますが、ジッポーは「永久保障」です。無料では有りませんが愛着が出れば一生使えます。

私も、若い頃に何個か持っていて愛着が有った物も有りました。しかし、今は「ゼロ」です。

 

どういう訳か、必ず失ってしまいます。

という訳で、私の「ジッポー」は、「永久保障」が全く役に立っていません。

 

新しい「中古のジッポー」、なるべく長く使い続けたいものです。

コンドミニアム

私達がハワイに行く時の宿は「コンドミニアム」です。

コンドミニアムは、

  • 部屋が広い
  • 調理器具が揃っているので現地の物を買って自分達で調理出来る。(外食ばかりしていると飽きてしまいます。)
  • ラナイ(ベランダ)で朝食を食べたり、本を読んだりゆっくり寛げる。(ラナイの有無や広さは宿によって違うとは思いますが?)
  • スーパーに食材を買いに行くのも楽しいものです。(第一ドル表示!当たり前ですが、それに日本では見られない食材に出会えます。)

等々です。

 

ハワイによく行く友人が毎回ホテルに泊まっていると聞いて「コンドミニアムのほうが良いのに」と言っても「嫁さんが料理作らなくちゃいけないから嫌がるんや」と返されます。

別に作りたくないときは作らなくていいのにと思ってしまいます。(油濃い食事やココナッツ味・ガーリック味の料理に飽きた時には、日本から持参すれば「ソーメン」なんかも簡単に出来ます。)

 

家内は、家に居る時は料理を作るのを面倒がるくせに、ハワイに居る時は結構マメに調理します。

理由は、「外食してもなかなか美味しい物に当たらないから」のと「やっぱり和食が恋しくなるから」の二つらしいです。

 

部屋で調理できるということは、弁当も作れるということなので「おにぎりと卵焼きとウィンナー」などの簡単なおかずの弁当を作って、ボルケーノを眺めながらランチタイムなんて事もできてしまうのがコンドミニアムの魅力!

 

第一、日本食の「素材の味」や「あっさり味」に慣れた舌には、現地の料理は「しつこく」感じられる事が多いようです。

しかし、現地の食材でも味付けを変えるだけで驚くほど食べやすくなりますから安心して下さい。

 

ある時、現地の友人に「○○○のパスタは食えた物では無い!」と話した所「あの店でですか?」(ホノルルの結構有名な店です。)次の言葉が「一般的に日本人はスタンダードが高いです。」という言葉が返って来ました。

現地の食事に飽きるのは、日本人が圧倒的の多いようです。

 

日本と違いハワイのコンドミ二アムは、調理用具が全て揃っています。ミキサーで、マンゴーとパパイヤのミックスジュースを作ってみたり(日本ではどちらの果物も高くて買う事もありません。)、スーパーで肉を買ってきて、宿泊者が共同で使用できるグリル(庭に設置してあることが多いです。)で豪快に厚い肉を焼いてみたり(アメリカで肉を焼いているのは、何故か男ばかりです。)と日本では出来ない料理もできます。

大きなオーブンもありますので、日本以上の事が出来るかも?(使った事は有りません。)

 

ハワイに行く時は何時もホテルに泊まっているという方、

一度試しにコンドミニアムに泊まってみてください。

お湯を沸かしたり、コーヒーを入れたり、調理をしたり、食洗器(鍋も入る大きな物です。)を使ったりと、そこで暮らしている感覚で、別の角度から日本と違うハワイを楽しむことが出来ます。

広告を非表示にする