堺市の変人

堺市から情報を発信する変人親父です

コンパクトシティ

最近、「コンパクトシティ」をいう言葉をよく耳にします。アメリカでは「ニューアーバニズム」、イギリスでは「アーバンビレッジ」等と同じ様な意味ですが、生活に必要な機能を郊外へ拡大するので無く、なるべく近くに集め利便性を確保するようなイメージのようです。

 

アメリカやイギリスにも同様の概念が有る事を考えると、現在あるいは近い将来に人口減少を迎える成熟した国の共通課題になっているようです。

当然、日本は既に人口減少の急坂を下っていますので、経済規模が縮小していく時代に、どう人々の生活を守って行くかが、行政においても大きな課題となっています。

 

まだまだ先の話では?と一般的には考えがちですが、此処、泉北ニュータウンでも人口減少によりスーパーやコンビニが無くなり高齢者の方は買い物にも不自由するという事が現実の問題として起こっています。

 

解決策として、よく言われるのが、高齢化と人口減少に歯止めをかける施策を講じるという事ですが、50年先には人口が三分のニに、100年先には二分の一になるという現実は、少しくらいの施策では止めようが無いのは明らかです。

 

泉北ニュータウンで発生している「買い物難民」一つをとっても、自治会はスーパーや商店の存続を要望しているらしいですが、民間企業に儲からない所に出店を強要するのは無理が有ります。

 

堺市(市長)は、泉北ニュータウンは縮小させない方針らしいですが、今のままでは「買い物難民」が増えて行くのは確実です。

 

全国的にみれば、成功例も有るものの失敗例も多く聞かれます。しかし、減収が予想される中で、行政サービスはもとより電気・ガス・水道等も今のままの手の届く範囲も当然縮小を余儀なくされてきます。

 

ただ、箱物を創るだけでは問題は解決しません。人びとが住む住環境のを最整備し、お年寄りが希望すれば頑張れば自分で買い物に行ける位の場所を行政主導で確保するような施策が必要では無いでしょうか。

 

30年、50年、100年の将来を見据え、実行していく政治が試されています。

広告を非表示にする

暖簾(のれん)

最近は、飲み屋でも「営業中」「準備中」なんかの小さな看板をよく見かけますが、以前はほとんどのお店に「暖簾(のれん)」が掛かっていたら「営業中」といった具合で、店が開いているかどうかの目安になっていたような気がします。

 

お店の方も、店の「象徴」いった感じで、「暖簾に傷が付く」という言葉でも分かるように「暖簾」を大切にしてきました。

 

四季の寒暖差が大きい日本では、古来より温度調節の用具として用いられて来ましたし、見た目の「涼しさ」や「寒さ」を緩和する為にも重宝されてきたようです。

 

私も、若い頃から「暖簾」は好きでした。ただし、綺麗な物や美しい暖簾は、あまり好みではありません。家に有るのは、ザックリとした太い綿糸の布を藍で染めた暖簾ですが、絵も無く只、藍の濃淡だけのデザインの物です。夏場に使っているのは、麻の薄茶色の布に遊び心で描いた植物をモチーフにした物です。あまり暖簾が目立たないのが気に入っています。

 

暖簾も2~3シーズン使うとさすがに汚れてしまいます。風呂の浴槽に中性洗剤を入れ押し洗いしていますが、戦前・戦後の頃、食い物屋の暖簾はお客が汚れた手を暖簾で拭いて帰って行ったらしいです。暖簾が汚れ具合で、その店は人気が有るといった目安にもなっていたようです。

 

今では汚れた手を暖簾で拭きでもしたら、お店の人に叱られてしまいます。

私も余り汚さないように気を配ってしまいますが、昔の風習に暖簾本来の使い方を改めて知りました。

広告を非表示にする

地球からの復讐

昔、エボラ出血熱が話題になった頃「アウトブレイク」という映画を観ました。

たしかダスティン・ホフマン主演の映画だったと思います。内容はうろ覚えです。

エボラ出血熱とおぼしきウィルスに感染した人がアフリカからニューヨークに帰ってきて、あわやパンデミックとなるところを医者が食い止めるという内容だったと思います。

 

現実ではエボラ出血熱はウィルス自体があまりにも強すぎて、感染した人間を早々と殺してしまうので、なかなか大陸を越えて広がる事が出来ないそうです。

エボラはアフリカに元からあった風土病などでは無く「未知のジャングルの中からやってきたウィルス」だそうです。

 

人間により未開の土地が開拓された事により、今まで人間とは縁の無い所に潜んでいたウィルスが頭をもたげたという話を聞いた事があります。

 

今、それと同じ事が日本でも起こっています。

マダニ感染症SFTS 重症熱性血小板減少症候群)、ダニ媒介性の新しい感染症で治療薬は今のところありません。致死率は21%、かなりの確率です。

 

もともとマダニは山の中に住んでいたはずです、しかし近年の土地開発によって餌場を無くした野生動物が人里に下りて来る事により、その野生動物に寄生しているダニも一緒に移動して来て人間の近くで生息するようになったことが原因だという説もあります。

 

28年の夏に病気の野良猫を保護しようとして噛まれた女性が感染し、死亡したというニュースも最近の話です。哺乳類からの感染が確認されたのは初めてらしいです.

 

ただ、猫が最初からこのウィルスを持っていた訳ではなく、猫もマダニに噛まれて感染していたのです。

 

エボラもSFTSも元を正せば人間が引き起こした病気ともいえそうです。

 

アウトブレイクの本の帯に書かれていた言葉「地球からの復讐」という言葉に考えさせるものがあります。

ウィルス達は、地球を蝕んで行く癌のような人間を退治するために地球が送り出した刺客なのかもしれません!

広告を非表示にする

ハワイ島で運転

何時もハワイ島では、レンタカーを借ります。

ホノルルは、車の交通量も多く、ハワイの友人ですらホノルルで車を運転するのは怖いらしいです。6月のホノルルは、免許取り立ての大学生が多く最悪のようです。

でも、ハワイ島では車は必需品!(ちょっと大袈裟かも?)

 

路線バスは運行しているようですが、便数も少なく使い勝手の良い物ではありません。

因みに、私達はホノルルでは路線バスに乗る事もありましたが、ハワイ島では乗った事が有りません。というより、バスが走っているのを見かけた記憶が余り有りません。

 

レンタカ―は、二人(スーツケース二つ)ならコンパクト(下から二番目)で十分です。四人(スーツケース四個)なら普通サイズを借りなければ荷物が入りません。

 

勿論、アメリカですから車は右側、だいぶ勝手が違いますが右折や左折の時に助手席の人が「右側!」とかいってサポートすれば安心です。

日本と勝手が違うのは、信号に関係なく右折専用レーンを走れば右折OK!

信号はレーン毎ですので要注意!(交差点で上を見るとレーン毎の信号が並んでいます。)

もう一つ注意が必要なのが、スクールバス!止まっているスクールバスは、絶対に追い抜かずバスが動くまで待ちます。(スクールバスの後ろにストップの表示が出ています。)

追い抜いているところを警察に見付かったら捕まります!

 

今までの経験では、ハワイ島の人は比較的のんびりと運転されています。どちらが先かな?と迷うような時でも、たいがい「どうぞ」いった具合に譲って貰えます。

「クラクション」、鳴らされた記憶はありません。勝手の分からない所では、「クラクション」は鳴らさない方が良いような事も耳にしました。(日本ではちょとした催促ですが、アメリカでは「抗議」とか「怒っている」ようになるらしいです。)

 

コナの町のアリイドライブなんかは、速度制限が20キロ以下(標識はマイル表示です)の所もありますので、ゆっくり走るのが、この島を走る秘訣のようです。

どちらにしても、私は免許を持っていませんので、景色を思う存分に楽しむ役に徹しています。

広告を非表示にする

大成功?

2週間程前から、風呂の残り湯が朝には全部無くなるという完全な水漏れでシャワーの日々が一週間位続いていました。

 

業者さんに依頼すれば直ぐに解決するのですが、以前に修理費・出張費等で1万円位払った記憶がありましたので、今回は自分で直してみようと一週間程、家内にシャワーを強いていました。

 

一週間前の日曜日、さっそくホームセンターに接着剤を買いに出かけたのですが、一般的には風呂の排水口の修理用具は置いていないとの事でした。おまけに専用の物で無ければ溶剤が健康に悪影響を与える事もあると怖い話もありました。

 

私は、どうしても少しの修理での1万円が納得出来ず、超多用途「セメダイン スーパーシール」(税込みで1,000円少し)を購入し排水溝の修理にチャレンジ!

 

先ずは、風呂を完全に乾かし、ゴムのパッキンとプラスチックの栓受けを外し、これも完全に乾かします。黒いゴムのパッキンは洗えば黒い粒子が流れ、手が真っ黒に。

 

とりあえず、風呂桶の排水口周りに接着剤を付けてパッキンを固定、次にプラスチックの栓受けを接着剤の量を気にしながら、水漏れが起きないようまんべんなく付けて、これも固定し、24時間おいて乾かしました。

 

さすがに、修理後に初めて水を張る時は心配でした。

一応、水漏れが止まっているようでしたが、翌朝に風呂の水が抜けていないのを確認するまでは、上手く出来たかドキドキものでした。

 

結果は大成功!

しかし、初めての事で接着面を極力抑えた為、家内には「絶対に鎖を引っ張って栓を抜かないよう!」注意喚起しています。(大成功かな?)

広告を非表示にする

雑器の豆知識

以前、家内が大分県の日田に1人で旅に出かけた事がありました。

私は、休みが取れ無かったので家内の一人旅でしたが、さぞかし羽根を伸ばした事でしょう。

家内は、福岡の「水焚き」「もつ鍋」が目当てだったようですが、日田の豆田町に惹かれていたようです。

 

私は、せっかく日田に行くのなら、留守番賃として小鹿焼の良いのが有ったらゲットするよう頼んでいました。

 

しかし、初めての日田ですから、小鹿田焼といっても何処を訪ねれば良いのか分からず、駅の観光案内所にあったパンフで、「小鹿田焼のさとう」という店が駅から歩いてでも行けるので訪ねたようです。

 

沢山の皿や小鉢が所狭しと並んでいますので、どんなのが良いのか分からず、家内から電話が入りました。

 

私は、すかさず「刷毛の模様のは、元気が良く乱れの無い物」併せて「出来れば一番上で焼かれたもので皿の跡が無い物」と電話口で叫んでいました。

前から小鹿焼には興味が有りましたので、少し興奮気味に応えていました。(その時は未だ日田には行った事が無かったので産地で陶器がずらりと並んでいるなんて夢のような話です。)

 

一般に、一品物は一つづつ丁寧に焼かれますが、日常使いのお皿は何枚か重ねて焼かれています。どうしても上の皿の跡が丸く残ってしまいます。(蛇の目と呼ぶらしいです。)

 

しかし、一番上の皿だけは、この蛇の目が有りません。一般的には蛇の目が無くても値段は同じ!

駄菓子屋で「当たり」が出たような物です。家に有る40㎝の皿にも蛇の目が付いています。

 

窯元巡りをされる場合、蛇の目の無い物が有れば「買い」です。

私なんかは、そんなのに当たれば一日中自慢しまくってしまいます。

広告を非表示にする

黄桃

今、家内が「黄桃」にはまっています。

 

7月頃、桃を自家栽培している知り合いから桃が送られてきました。

毎年贈ってくださるのですが、今年の桃には白桃に混ざって三個だけ黄桃が入っていました。スーパーなどでも黄桃はあまり見かけないので家内は大喜びです。

 

さっそく頂いたところ、白桃に負けることの無い甘みがあり、ほんのりマンゴーのような味もするようです。私は白桃よりも食感が堅い目な所が気にいっています。

 

それに味を占めた家内は、ネット通販で山形県の業者に黄桃を注文しました。

山形のほうでは8月下旬から9月中旬頃までが黄桃のシーズンで、9月に入った先日に送付されて来ました。

 

大喜びで開けてみると、7個入った中の2つが傷んでいました。早速、業者に連絡すると「それは申し訳ありませんでした」と新たに送ってきてくれました。それも6個です。(ネット通販の会社の中にはいいかげんな所もあると聞きますが、なかなか誠実な会社だったようで、また来年も注文しようと思ったそうです。

 

再送の桃が届いたと業者に連絡した折に「黄桃は此方(関西)ではあまり見かけませんが?」と聞いてみると「え? 普通にスーパーで売ってますけど?」と大変不思議そうな声が返ってきました。

 

家内は「黄桃は缶詰って決まってる、昔からそうや」と言い張ります。白桃が主流の関西ではやはり黄桃は珍しい物なのでしょう。

 

「所変われば品変わる」と言いますが、桃も例外ではなかったようです。

広告を非表示にする