堺市の変人

堺市から情報を発信する変人親父です

ドボルザークの「新世界より」

ドボルザークと言えば「新世界より」、

日本人が最も親しんでいる交響曲と言っても過言では有りません。

なにせ、第2楽章の旋律は「遠き山に日は落ちて」ですから、日本の歌謡曲といっても良い程多くの人に親しまれています。

 

ベートーベンの交響曲第九の「喜びの歌」と双璧をなす超人気曲と言っても過言ではありません。

 

亡命していたクーベリックが、ソ連邦の崩壊で自由が復活した祖国チェコスロバキアチェコフィルを指揮した「新世界より」は私の愛聴盤です。

 

故郷ボヘミヤを想うクーベリックの思いがいかんに発揮されていて哀愁を誘います。

 

新世界より」は、一般的にケルテス指揮ウィーンフィルクーベリックベルリンフィルなんかが評判のようですが、私はクーベリックチェコフィルです。

 

なにせ作曲者のドボルザークチェコボヘミア出身、長年亡命していたク―べリックも同じボヘミア出身、チェコ民主化後の祖国のオーケストラとの演奏・・・

 

こんなシチュエ―ションでは、涙もろいオッサンはイチコロです。

 

クーベリックの「アー 祖国の音がする」といって言葉を聞くともうダメ!

 

しかし、この「新世界より」、私は長い間「より」の意味も深く考えず「自由の国アメリカ」を題材にした曲と勘違いしていました。(バカなオッサンです。)

 

ドボルザークがアメリカ亡命中、ホームシックにかかる程、故郷のボヘミアを想って書いた交響曲新世界より

 

遅まきにして交響曲新世界より」の哀愁の意味を理解した恥ずかしいオッサンです。

人間は「意地悪」

 

ああー、私は偽善者?

 

今日、高速道路を走っている時、反対車線が渋滞していました。

こちらはスイスイ走っているのに向こう側はかなりの渋滞です。

時間帯の関係もあるのでしょうが行きも返りも、此方はスイスイ、反対車線が渋滞という状態でした。

 

「こちらが混んでなくて良かった」と思うと同時に「なんとなく気持ちいい」と思っている自分にちょっと?

家内に「なんで反対車線が渋滞しているのを見ながらスイスイ走ったら気持ち良いんやろ?」と聞くと

 

以前、職場の人がゴールデンウィーク有馬温泉に泊まりで出かけた折に、その人は午前10時くらいに帰路についたらしいのですが、有馬温泉町に入る手前から西宮北有料道路のトンネルを海側に抜けてしばらく走るまでずっと車が数珠繋ぎで渋滞していたそうです。

 

それを横目にスイスイ走れるので大変気持ち良かった、「有馬までずっとでっせ」って最後尾の人に意地悪く教えてあげたかったと言っていたらしいです。

 

やっぱり他の人も私と同じように反対車線が渋滞しているのを見ると「気持ちよく」なるのか?とちょっとホッと思いました。

 

「人の不幸は蜜の味」と言いますが、最近、脳に関する研究が進んだ結果「他人の不幸を喜ぶのは人間の脳がそのような仕組みになっているからである」ということが分かって来たとネットで紹介されていました。

 

人の不幸を喜ぶなんて不謹慎な事ですが、脳の仕組みがそうなっているのなら「反対車線の渋滞」を気持ち良いと思うくらいの小さい不謹慎なら許してもらえるか?

 

他人の不幸を喜ぶような事はしたくないと思いますが、この位は正常なんだと安心したオッサンです。

広告を非表示にする

NHKスペシャル「731部隊の真実」

先日、NHKスペシャル「731部隊の真実」が放送されました。

 

戦時中、日本軍が旧満州で細菌兵器を開発・使用した痛ましい事実が明らかになっています。

 

私も、「731部隊」の名だけは聞いた事があるなといった程度の認識でしたが、真実を知って心が痛みました。

 

「貧者の核」と呼ばれる生物・化学兵器は、古くは古代ギリシャ時代のペロポネソス戦争でスパルタ軍が使用した記録が残されていますが、当然の如く国際的にも条約により化学兵器の使用が禁止されています。

 

しかし、第一次世界大戦どころか最近でもイラク化学兵器使用?が大きく報道され批判を浴びていた事が思い出されます。

 

今回の報道は、「戦争の狂気」の部分に真正面から取り組んでいますが、改めて「平和」の大切さを思い知らされました。

 

政府は、「731部隊」の存在は認めているものの「何をしていたか?」という731部隊の活動は未だ認めていないようです。

 

しかし、ここまで具体的に活動内容が明らかになれば、政府も何らかの対応を迫られるのではないでしょうか?

 

この報道に、中国は「細菌兵器や人体実験に関する兵士の証言テープを公開し残忍な犯罪行為を異例にも認めた」とする一方「われわれは日本国内の有識者の歴史の真相を暴いた勇気を称賛する」と語っています。

 

また、中国のネットでは「歴史を直視した」との声と「報道の自由がある国がうらやましい」といった声も出ているようです。

 

最近のマスコミは、国民受けの良いものや無難な報道に流れているようにも感じますが、ジャーナリズムの真髄を見たような気になりました。

 

政府や力のある者が嫌がるような事でも、民主主義の担い手である報道機関は、真実であれば臆せず報道を行う姿勢を貫いて欲しいものです。

 

 

松井知事、大活躍! 住民は大迷惑!

 

jgtyhjlijutydf.hatenablog.com

 

「ある日突然、緑の公園のかわりに目の前に病院の壁が」

f:id:jgtyhjlijutydf:20170817165945j:plain

 

大阪狭山市にある近畿大学病院が堺市三原台に移転されようとしています。

営団地跡地と都市公園部分(堺市)を移転用地とする事が既に決定されたようです。

 

計画が出てから3年余り、近畿大学からは一部住民に対し説明会が2回開催されています。

 

しかし、堺市(公園所有者)からは一度も説明も無いまま計画を強行

 

地域住民からの再三の要望を全く無視した堺市

 

他の自治体では起こり得ない事が、この堺市では起こっています。

 

全国初の都市公園の民間への売却

常識では考えられない医療圏を越えての大病院の移転

住民のために「少しだけ公園をのこして」という声も全く無視

 

信じられない事が起こっているのに、「近大病院移転有りき」で計画がドンドン進んでいます。

 

大型ヘリの発着訓練はあるのか?

移転にまつわる税金は、どれだけ使われるのか?

近大は移転条件を満たしているのか?

なぜ、公募は行われなかったのか?

何床の病院が来るのか?

なぜ12㌶いるのか、10㌶では駄目なのか?

 

地域住民の声に何の回答も返って来ません。

 

平成24年、近畿大学から大阪府(松井知事)に建て替えの相談

平成25年、大阪府近畿大学から堺市に移転の打診

平成26年、移転に関し大阪府堺市近畿大学が三者協定締結

                (都市公園の一部売却を明記)

 

短い期間での松井知事の奮闘ぶりが窺えます。

松井が動けば有権者は泣きをみる!

 

ここでも「森友学園」と同じく「松井知事」が大活躍しているようです。

ameblo.jp

その上、近畿大学の名誉会長が世耕経産大臣です。

 

国・府・市・近畿大学が力を合わせて、必要以上に地域の憩いの場を奪い取っていく計画には、到底納得なんか出来ません。

 

私は、いくら「地域の活性化」といえども、地域の住民の被害を完全に無視し、全国でも例の無い都市公園の売却には怒りしか覚えません!

 

大阪府堺市は、12㌶もの用地を近畿大学に提供しようとしています。

無理です。広すぎます!

 

枚方駅前の関西医科大学及び附属病院は5.8㌶で立派な大学と病院が建っています。

 

今までバスか車でしか行けなかった近大病院、駅から歩いて行ける「悲願の駅近」に近畿大学はどのような手段を使ってでも移転したいようです。

 

しかし、住宅地の真ん中に後から入って来るのですから、まとまった12㌶は無理です。

 

「無理が通れば道理が引っ込む」、無理を承知で堺市に要請した松井知事の常識を疑います。

 

「少しは公園をのこして」との住民の声が空しく響きます。

 

私達地域住民は、近大移転に全面的に反対している訳ではありません。

2㌶余りは、地域住民の憩いの場として残してほしいというお願いをしてきただけです。

 

「地域の活性化」と何ら相反するものではありません。

 

大阪府の強引さ、追従するだけの堺市近畿大学の厚かましさ、泣きを見るのは地域住民

 

公園の転用面積の縮小に3,313筆もの署名が挙がっています。

しかし、堺市は、それも無視です。

 

私は、心底怒りを覚えます。

 

近畿大学は以前、現地(狭山)での建替え計画を進めていました。

 

「1,000床の病院の移転には医療圏を考慮すると解決困難な難しい問題が多くあり、この大阪狭山の地での建替えとなります。・・(塩﨑医学部長・現大学長)」平成23年3月同窓会会報

 

「平成23年夏頃、近畿大学から建て替え等を行うにあたり、東大池公園を借用できないかいう相談がありました・・・」大阪狭山市議会報告まとめ

 

大病院の医療圏を越えての移転については、近畿大学は「医療圏を越えての病院移転については、昨年(平成25年)6月に厚生労働省から一定の要件を満たせば法制度上可能」との助言を厚生労働省から頂いたと言っています。(大阪狭山市議会報告)

 

たかが私立の一地方大学に?

 

何から何までおかしい事だらけ!

これでは怒らない人は居ません!

 

堺市の泉ヶ丘地区からは、車で10分も走れば市立総合医療センターやベルランド病院という500床規模の病院が利用出来ます。

 

片や大阪狭山市は、近大病院が堺に移転しても大阪狭山市の医療を担うよう要請しなければならない程困っています。

 

全てが「近大病院移転」ありきの、典型的な出来レースです。

 

森友学園」「可計学園」問題がこの堺の地でも!

 

こんなことでは、地域と近畿大学との共存なんて「夢のまた夢」

 

私は、絶対に納得出来ません!許せません!

 

下記の記事は、事実に基づいているようです。

大変心強く嬉しかったです。有難う!anond.hatelabo.jp

一本目のヤシの木

 私達夫婦はハワイ島に何度か訪れているのですが、初めて行った20数年前に比べると行くたびに町の様子が変わってきています。

 この前には一車線だった道路を車線にするための工事の最中でした。

 

 家内がハワイ島にはまり始めた頃、初めて現地でレンタカーを借りて自分達で島を周ろうという事になったそうです。

 

 その時のメンバーは家内の職場の友人で女性ばかり4名(私は日本で留守番してました)

 

 コナの空港でレンタカーを借りて「さあ出発」

 

 当然、目指すホテルへの行き方が分かりません。(当時は日本語ナビはその頃ありませんでした)それでレンタカー屋さんの係員に聞いたところ

 

 「ここを出て空港と反対側に真っすぐ行って、つきあたりにある信号を左に曲がるんだ、そして一本目のヤシの木の所を左に曲がったらホテルだよ」と親切に教えてくれました。

                                                                      

 「これなら迷うこともなさそうだね」と出発!

 しかし、言われた通り左に曲がったはいいが、いくら走ってもなかなかヤシの木が現れない?

 

 溶岩の黒い大地を貫く真っすぐな一本道、慣れない左ハンドルと右側通行でヨタヨタ走っていたので余計時間が長く感じたのかも知れませんが、20分位走っても一本目のヤシの木どころか家の一軒も見当たらないので不安になったようです。

 

 見逃したという思いが確信に変わり始めた頃、正面の眺望が開けて遠くまで見通せる場所に出たとたん、青い海と山並みと黒い大地の上に続く道の遥か向こうにヤシの木の茂る場所が見えたそうです。

 

 「あぁ・・、きっと一本目のヤシの木はあそこのことやね」とそれからは只ひたすらそのオアシスを目指して車を走らせたそうです。

 

 初めての運転でスピードを出せなかった事もあるようですが、ホテルまで一時間弱かかったそうです。(でも一本目のヤシの木まで信号も一切なかったそうです。)

 

 「一本目のヤシの木まであんなに遠いなんて日本では考えられない!」と家内は言います。

 

 その道もいまでは途中に信号も出来、別のホテルができたので新しくヤシの木も植えられました。

 

 町が変わっていくのは便利な面もありますが、やはり少し寂しいものです。

広告を非表示にする

籠池㤗典氏の言っていることは間違っていない

toyokeizai.net

 

森友学園問題は、補助金の不正受給をたった1つの争点として、籠池㤗典前学園理事長夫妻の逮捕で幕を閉じようとしています。

 

森友学園の争点はここではないだろう!!

このままでは「大山鳴動鼠一匹」、そのままで終わってしまうのでしょうか?

 

私は納得がいきません!籠池氏にエールを送りたい。

 

あなたなりの正義を貫き、徹底的に真実を語ってください!

 

もし語っていただけるなら、私は私の知り得る限りの大阪府に関する情報をここから発信しよう。

 

ニュースにならない大阪府の闇を、私は知ってしまいました。

 

だからこそ、籠池氏にエールを送ることができる。籠池氏は恐らく、本当に、嘘をついていない!

 

補助金の不正受給は許されない事です。逮捕は当然でしょう。

 

籠池氏の逮捕は仕方ないとしても、もっと悪い事をした奴らが居るだろう!

籠池氏もそうおっしゃりたいでしょうし、私も声を大にして言いたい。

 

近畿財務局職員を背任と証拠隠滅の罪で、弁護士や大学教員らが告発までしています。

 

しかし、財務省や首相・首相夫人の関わりで行政の公平性が失われたかという真相究明が全く進んでいないようす。

 

地検特捜部の捜査結果がただの「詐欺と補助金適正化法違反」?

それ以上を追求することなく、「詐欺と補助金適正化法違反」で一件落着??

 

検察も地に落ちたか!所詮その程度か!!

 

この国は、国民を守るのでなく、政治家と国益を守るために動いている!

 

このままでは、どんなに良い法律を作ったところで、しょせん強い者のため!

国民はバカをみます。

 

地検特捜部までが乗り出したこの事件。国民は「巨悪」の解明を期待したでしょう。

 

少なくとも、私は期待しました。巨悪が解明され、私が目のあたりにしている納税者無視の大阪府国有地問題も解決するだろうと。

 

私が目のあたりにしている、とんでもない「出来レース」は、近畿大学の移転問題です。

 

都市公園の田園公園緑地と、泉ヶ丘プールという市民プールを取り壊し、そこに、住民の声を聞くこと無く強引に近畿大学医学部及び附属病院を移転する計画が進められています。

 

車で10分行けば2つの大病院があるにも関わらず、医療圏が異なる泉ヶ丘の町の真ん中に、12㌶もの用地を確保し強引に近畿大学を移転すると言うのです。

 

もともとは大阪府狭山市に建てられていた近畿大学病院。

 

その場で建替えられるはずだった近畿大学病院が、「利益のため」だけに、「住民の声」を無視して、強引に医療圏を越えての建て替えを進めようとしています。

 

そして、大阪府堺市近畿大学病院の移転に加担しています。

 

住民の声と意思、住みやすさを一切無視し、利益のためだけに移転するこの計画に、府や市は賛成どころから、住民の声をシャットアウトして手助けをしています。

 

私は何度も堺市近畿大学病院に直接抗議に行きました。

 

最初は話を聞いてくれているのかと思いましたが、本当に「聞いているだけ」。

 

住民の声を議題にあげるというのは建前だけ!住民の声を議題に上げないシステムが構築されています。

 

私はこの現状に愕然としました。

これまで堺市民として、税金を納め、公務員として懸命に働いてきました。

 

そして、この泉ヶ丘に住んで心から満足してきました。

家内の実家がこの地ですが、今では自分の実家よりこの地を愛しています。

 

老後のために買った都市公園隣の展望の良いマンションの真横に高層の病棟が建つとのこと。

 

展望が悪くなるだけではありません。

私の住むマンションの資産価値も下がり、大病院ですから感染病の心配も格段に上がります。

 

その上、ヘリコプターの発着訓練場まで作る?

この住宅地の真ん中にです!

 

医療圏を越えて大病院なんて移転出来るはずない。

都市公園が無断で売却などされずはずない。

 

まさか堺市が、都市公園の民間への売却という全国初の暴挙に出るとは!?

 

そうした常識の上に成り立っていた信頼を、大阪府堺市近畿大学病院は無下に扱いました。

 

私は、絶対に近畿大学に移転するなとは言っていません。

 

「転用面積を少し(2.2㌶)押さえ、目の前に病院(病棟)が建つ事だけは避けてほしい」と、常識的な訴えをしているだけです。

 

それでも10㌶です。枚方駅前の関西医科大学は、大学・病院が5.8㌶で納まっています。

 

にも関わらず、少しの配慮も無い堺市近畿大学の「ゼロ」回答。

 

法的な問題さえクリアーできれば、地域住民の要望を全く受け入れない、住民の被害も意に介さないという堺市の姿勢。

 

ここまで来たら、レッドリスト絶滅危惧種)の動植物以下の扱いです。

「いたすけ古墳」の野性のタヌキ以下の扱いです。

 

日照権をクリアしている」と豪語しますが、日照権で定められた「最低ライン」をスレスレクリアできる「つもり」「予定」のクリアです。

 

地域住民の意見を完全に無視した近大病院の移転は、地域住民の強い反対にも関わらず、全てが「移転ありき」で進められています。

 

住民の意見は完全無視!

 

売却予定の「都市公園」は、市民の税金で守られ、40年以上も住民が親しんできたものです。

なぜ、住民の意見を尊重してもらえないのでしょうか?

 

不正行為があったのかどうかは知りません。

しかし、ここまで強引な移転は全く常識を逸脱しています。

 

近畿大学移転問題を調べる最中、数人の政治家の名前を書類で確認しました。

 

その政治家の名前は、籠池氏が何度も繰り返し口にしている政治家の名前と同じなのです!

 

この維新の会議員のブログをご覧いただければ、その政治家の名前をご覧いただくことができます。

ameblo.jp

 

森友学園」「加計学園」問題と全く同じ構図としか考えられません!

 

もし違うというのであれば、こそこそせず、ハッキリと私の質問に回答してくれたらいいのに、堺市近畿大学も逃げてばかり。ロクな回答しか返って来ていません。

 

どのような規模でどのような役割を担う病院がくるのか?

移転にまつわる税金の収支予想は?

 

このような地域住民の問いかけに何の回答も無いまま、当初計画通り都市公園の売却計画が決定されています。

 

政府は、森友学園から国民の視線を逸らすのが目的のような「内閣改造」を8月3日に行い、「適材適所の新たな内閣で国政を進めて行く」と森友学園問題は終わったかのような発言をしています。

 

民主主義の根幹である、行政の公平性が問われているにも関わらずにです。

この森友学園・可計学園ありきの構図は、堺市での近畿大学移転ありきと何ら変わりません。

 

近畿大学は「人格の陶冶」という建学の志しを忘れています!

堺市は住民の生活を守る本来の姿勢が全く失われています!

 

そしてそもそも、日本国民を守るという政治意識が損なわれているということに、なぜ、どの政治家も目を向けて頂けないのでしょうか!!

 

ただ平和に妻と暮らしていきたいと思うそれだけのことが、どうして許されないのでしょうか。

www.huffingtonpost.jp

ずっと間違っていました!

 家内は、月に一回位、ワンコの「躾教室」に行っています。

 保護団体(一人でされています。)の主催で、主に里親に出したワンコを対象に開催されているのですが、預り犬が居ない時には我が家の凡犬がお伴をしています。

 何度か通っていると、ついつい習慣で「問題犬」いう言葉が出ると、じっと凡犬を見てしまう癖が付いてしまいました。

 此の躾教室には、「問題犬」といわれる常連ワンコが他にも居ることが救いですが、我が家の凡犬が「問題犬」である事は間違い無いようです。

 原因を考えると、十中八九飼主(家内)の「可愛い」「可愛い」に問題が有るようです。

 ワンコの問題行動の原因の大半はこれです。

 しかし、キッチリ躾をしなければならない時にも、「可愛い」という思いが少し邪魔をしているのかな?

 先だっても、凡犬が最近調子に乗ってる?といった事からトレーナーさんと色々話をしていた時に、散歩に家から出る時どうしていますか?との問いに「普通に一緒に出ています。」と答えた所「ブ―」でした。

 家を出る時には人間が先に出る、帰った時は人間が先に入る。そうしないとワンコは我儘になりますと、お叱りを受けました。

 また、散歩の時も、ワンコに前を歩かせるのではなくリードを短く持って人間が先!ワンコは飼主に付いて行くといった感覚で散歩して下さいというアドバイスを頂きました。

 間違ってもワンコをリーダーにさせない!事が肝要なようです。

 「群れ」という習性を持っている犬は、リーダーの命令に従い行動するという本能が有るようです。

 ワンコの本能に余りマッチしない育て方は、気付かぬうちにワンコにストレスを与える事にもなるようです。

 「悪い犬は居ません!悪い飼い主が居るだけです!」という言葉が頭の中をクルクル回っています。