堺市の変人

堺市から情報を発信する変人親父です

理屈は後から付いてくる

先日、アイべックスのアウターを手に入れました。

アウトドアのお店で話をしていましたら、「アイべックスは今後入荷が無くなります。」と心をくすぐる話をされました。

 

商品が沢山売れると、製造業者は生産を拡大するのが一般的ですが、アイべックスは品質低下を恐れ販路を縮小していくようです。

 

メリノウールで有名なアイべックスですが、元々合成繊維よりも天然素材のウ―ルが好きでしたので大きく心を動かされました。

 

しかし、問題は家内!「同じような物ばかり買ってどうするの」と厳しい声が確実に聞こえて来ます。(今まで何回聞いたことか・・・)

 

「もう買えなくなる」「預り犬の世話のお礼という事で」「最近何も買っていない」・・・

あの手この手で「理屈」を付け、ようやく手に入れました。

「理屈は後から付いてくる」をいつも実践しています。

 

私のレベルでは「言い訳」、政治家なら「天下国家のため」という事になるのでしょうが、政治家や行政やが「天下国家」を語る場合は、特定の団体や大きな力になびくようなことは決してあってはなりません!

最近のニュースを見るにつけ、国民からかけ離れたところで「天下国家」が語られているようで、少し寂しい気持ちになってしまいます。

 

「加計問題」にまつわる論議でも、「規制緩和」に向け岩盤規制に穴をあけること全面に出され、加計問題にまつわる「行政の公平性」は、二の次にされているような気がしてなりません。(政府の答弁に真の「天下国家」が感じられないのは残念です)

 

規制緩和」と「行政の公平性」とは全く別のものです。

規制緩和は聖域を設けず推し進める必要が有るのは論議の余地は無いと思いますが、岩盤にあけた穴、特区のルールは、誰にも公平に機会を与えられなければなりません!

「公平性」は行政の基本であり、民主主義の原則とも言えます。

 

そもそも「規制緩和」が進まないのは、行政の本気度が不足しているからのような気がします。

極端に言えば、支援団体の意に反するようなことでも「天下国家」のためには、推進していくような姿勢が無ければ「民主主義」なんか絵に描いた餅でしかありません!

「民主主義の危機」と言われる所以です。

 

さて、私の「もう買えなくなる」に正義はあるのか?微妙なところです。

「宗教随想」

柳宗悦の著書に「宗教随想(春秋社)」があります。昭和35年に刊行された書物ですが、同48年に三刷が発刊されています。

50年以上前の書物です。しかし、今でも古本として宗教選集の5巻として、一冊1,000円位で販売されていますのでたいしたものです。

 

私も若い頃に読んだのですが、いつの間にか行方が分からなくなっていました。

もう一度読みたいと思い、家内に頼みアマゾンで買って読み直してみると、半世紀以上の時を越えても十分通用する思想に改めて感心させられました。

 

柳宗悦は、「民芸」運動の提唱者として陶芸界では知らぬ者はいない有名な思想家ですが、もともと宗教哲学者ですので、仏教への造詣が深く禅や真宗の教えが分かり易く記されています。

 

1952年にバーナード・リーチ浜田庄司そして柳がアメリカを訪れた時の事が記されていました。

 

セントポールの講演で、ニューヨークの工芸店経営者が「価格について」と題し「作り手はなるべく高く店に買って貰いたいし、店は利益を得つつ、なるべく安くお客に売りたい、双方の思いの妥協点で価格は決まる」という現実的な話がされた時、柳は、「日本で河井(寛次朗)や浜田(庄司)の場合は、西洋と反対で、この二人の作家は、どれほどの値で買ってくれと主張した事がない。・・・売れるのはむしろ恵みだと考える。それゆえ、決して高く売る権利を主張したことがない。これを知っている店のほうでは、こんな謙遜深い作家のものは、なるべく有利に作者に酬いるようにすべきだと考え、店の利得をできるだけ少なくして、作者たちに酬いる。それで価格は、双方の権利の主張の妥協点で決まるのではなく、双方の無欲と感謝の接点で決まる・・・」といった東洋の考え方を紹介したようですが、一番感じ入ってもらえたのが、キリスト教の尼さんだったようです。

 

なかなか現代では、そのような事は無いかもしれませんが、東洋思想、特に宗教の中には今でも独善的でない無欲と感謝の心が息づいているような気がします。

 

「アメリカ ファースト」「ポピュリズム」という文言が紙面を飾る今日、改めて東洋思想を見直す事も大切では?

そんな事を考えさせる書物でした。

広告を非表示にする

「ジョン・ウェイン」をさがして!

「ミスター・アメリカ」と言われたジョン・ウェインが無くなって40年近く経ちますが、彼が主演した「駅馬車」「アパッチ砦」「黄色いリボン」「リオ・ブラボー」「アラモ」・・・

多くの名作が今日でも回を重ねて放映されています。

 

私なんかは、主演ジョン・ウェイン、監督ジョン・フォードとなると必ずテレビに釘付けになってしまいます。

彼の映画は、古き良き時代の「アメリカの正義」をそのまま映像にしたようで、「勧善懲悪」の典型といった感じです。

さしずめ日本の「水戸黄門」や「大岡越前」のように、弱きを助け悪を懲らしめる典型的なワンパターンストーリーですが、見始めたら最後、「The End」まで必ず見てしまっています。

 

さすがに、ネイティブアメリカンを悪者と決めつけた古い西部劇は、歴史を直視していないため放映は少なくなっていますが、良きにつけ悪しきにつけアメリカの良心の象徴のようです。

 

あの時代、アメリカでは未だ「理想」があり、「社会正義」が貫かれるといった期待が残っていたように思われます。

アメリカが世界に軍隊を派遣し秩序を保っていた頃、「パックス・アメリカーナ(米国による平和)」は、多くの問題も引き起こしたようですが、最低限「アメリカは正義を貫く」という信頼感もあったような気がします。

 

今日、いろんなニュースを見ていると、アメリカは世界平和に向け「理想」や「正義」を持っているのかな?思ってしまう事がしばしば出て来ました。

アメリカ国民の政治に対する信頼も薄れて来ているような気がしてなりません。

「雇用が奪われた」「格差がひどい」・・・当然の主張ですが、その先に「あるべき国の姿」「目指すべき社会」といったものがハッキリしていないようにも見えます。

 

日本は、古より人々が助け合って生きてきた国です。

不断の努力で「理想」忘れずに「正義」が貫かれる社会を作って行きたいものです。

政治家の役割は重大です。

政治家を選ぶ国民の役割はもっと重要です。

 

ジョン・ウェインに拍手を送る風潮が恋しいです。水戸黄門しかり!

マルタ・アルゲリッチ

マルタ・アルゲリッチのピアノ演奏を聴いていると、たまに「ハッ」としてしまいます。

彼女の演奏は、感情のおもむくまま自由に演奏しているように思いますが、堰を切って感情が溢れだす時は凄いです。

 

楽譜より自分の思いが先に立った彼女の演奏に触れると、他のピアニストの演奏が余りにも型にはまっている(楽譜に忠実)いるように感じてしまいます。

 

多分、彼女の激しい性格(歳と共に丸くなっているようですが)から来るもののようですが、天才肌の演奏は、時々、想定を越えた音を鳴らしてくれますので、刺激度満点といったところです。

 

ル―ビンシュタインがバレンボィムと共演したベートーベンの「ピアノ協奏曲5番」、ホロヴィッツトスカニーニ共演のチャイコフスキー「ピアノ協奏曲1番」、バックハウスのベートーベンの「ピアノソナタ」、リヒテル・ヴィスロッキのラフマニノフ「ピアノ協奏曲2番」・・・歴史に残るような名盤が沢山ありますが、最近はアルゲリッチにはまっています。

 

ショパンコンクールの審査員であった時、あるピアニストが本選に選ばれなかった事に抗議し「だって彼は天才よ!」と帰国した話は有名ですが、来日時に指揮者と喧嘩し、さっさと国に帰ってしまうなど何かと話題の多い人ですが、型にはまった優等生で無いからこそ「ハッ」とさせる演奏を聴かせてくれるのかも知れません。

 

彼女は、日本との繋がりは深いようです。別府では毎年「アルゲリッチ音楽祭」が開催され1970年以降、幾度も来日しています。私は聴きに行こうとは思いませんが!?

 

余りにも若い頃の演奏が凄く、その印象を大切にしたいです。

骨折で長期入院していた母に付き添っていた事がありますが、退院して一息、

その時聴いたアルゲリッチの「ショパン、ピアノ協奏曲1番」、涙が止まりませんでした。

我儘な「暖房器具」

若い頃はそうでも無かったのですが、最近は少し寒さが応えます。

冬場は布団に入ってもなかなか暖かくならず、電気毛布に頼る始末。

しかし、電気毛布だと暖かくなり過ぎて、今度は布団をはねてしまっていることもしばしばです。

 

家内は冬に強い体型のせいか電気毛布等を使わなくても冬場もぬくぬく寝ています。

ある日、あまりにも足先が冷たいので暖かそうに寝ている家内の布団に足先だけ突っ込ませてもらいました。

すると、とても柔らかく肌触りの良い感触が・・・

「これ何?」と聞くと「猫」と答えるではありませんか?

そうです、家内は冬場になると猫を布団の足元に仕込んで寝ていたのです。

横向きに寝て両脚を曲げた状態の丁度お尻の下あたりに猫は潜り込んでいるのでお尻の辺りから足先までほっこりと温もるらしいです。

 

猫は熱過ぎず、低温の心配も無し、肌触りもよいと三拍子揃った暖房器具らしいです。

ただし、夜中に布団を出ては、また戻ってきて「布団に入れて」と鳴いて家内を起こす言う難点もあるそうです。朝起きた時には絶対布団の中には居ないようです。

 

私に向かって猫パンチを連発する猫ですが、冬だけは仲良くしても良いかな?

あの温もりと毛皮の肌触りは冬場、本当に気持ちいいものです。

でも、私の布団の中には絶対に入って来ない、役立たずの凡猫です。

 

まだまだ、凡猫との微妙な距離感は続くようです。

広告を非表示にする

「黒曜石の水」

今から7年くらい前になりますが、長野県は蓼科高原に旅行に行きました。蓼科にあるコンドミニアム風のホテル(部屋に簡易キッチンが付いてました)に3~4四泊しました。

 

私はどちらかというと海よりも山の方が好きです。(ハワイに行っても海には入らず山の方ばかり行っています)ですから長野県や山梨県あたりの高原はお気に入りの場所です。

 

滞在先に着いてから「何を見に行こうかな」というのがいつものパターンです。

蓼科高原に行った時は家内がホテルに置いてあるガイドブックを見て「黒曜の水を汲みに行きたい」と言い出したので、急遽、茅野の街まで降りてホームセンターでポリタンク(20ℓ)を買い水を汲みに行きました。

 

「黒曜の水」は中山道の難所であった和田峠の近くにあります。峠付近は昔から黒曜石の産地であったらしいです。その黒曜石で濾過された水が「黒曜の水」として湧き出しています。

 

蓼科高原から黒曜の水を汲みに行くには白樺湖の辺りを通って、車通りの少ない山道を通って行きます。ナビに頼って走っていくのですが、細く周りに建物もない山道をくねくねと走っていると「この道で間違いないのか?」と心細くなってきた頃に水汲み場に行きつきます。(少し遠回りするともっと良い道があったようです)

 

日暮れ前に行ったので私達の他にもうひと組、ご夫婦で水汲みに来られていたのですが、別荘を持っておられる関西方面の方で「別荘に来たら必ずここの水を汲みにくるんです、本当においしい水ですよ」と山ほどペットボトルを車に積み込んで来て汲んでおられました。

 

湧水は勢いよく出ているのでポリタンクは直ぐに満たされます。私達は3つのポリタンクに水をつめて大阪まで持って帰りました。

 

義母にこのポリタンクを一つお土産として渡し、さっそくお茶を入れて飲んでみたところ「ものすごくお茶の香りがいい!」と義母が感動するくらいお茶がおいしいのです。

それもそのはず、この水は日本一の超軟水ということで素材の香りや味をしっかり引き出すという特徴があるらしいのです。それに加えて黒曜石の持つ微弱エネルギーである遠赤外線・磁力線によって濾過されているので腐らないらしいのです。

 

「あんな遠い所からあんなに重たい水を持って帰るなんてガソリン代の無駄や」と嫌味を言っていた私の言葉にも、家内は「フフン」と鼻を高くして気にも留めません。

私の嫌味より美味しい水をゲット出来た事の方が嬉しかったようです。

 

蓼科高原霧ヶ峰辺りに行かれることがあったら、寄ってみるのも良いかもしれません。確かに水は美味しかったです!

広告を非表示にする

ベートーベンの「田園」

ベートーベンと言えば交響曲第九、年末ともなれば一度は耳にする交響曲です。

次に有名なのが第五「運命」か第六「田園」といったところでしょうか?

 

ベートーベンの奇数番号の交響曲は男らしく、偶数番号は優しい曲が多いとよく言われますが、偶数番号の「田園」は何度聴いても飽きません!

大抵聴き始めたら最後まで聴いてしまいます。

 

私の好きな演奏は、ブルーノ・ワルター指揮コロンビア交響楽団の1958年に録音されたものです。

日本では絶大な人気のあるカラヤンの「田園」は、私には、なんとなく型にはまっているように感じてしまいますが、ワルターの演奏は暖かさを感じると共に、演奏を感じさせず音楽に没入させてくれます。

 

最近は、ベートーベンの時代に合わせた「古楽器」の演奏なんかが見直されているようですが、その事を差し引いてもワルターの演奏は、この上ない優しさを感じさせてくれます。

ワルターの演奏を聴いて感じる暖かさは、ただの優しさでは無く、真に神に近付きたいと願う彼の生きざまから出て来ているようです。

 

「田園」の構成は第1楽章「田舎に到着した時の愉快な感情の目覚め」、第2楽章「小川のほとりの情景」、第3楽章「田舎の人々の愉しい集い」、第4楽章「雷雨、嵐」、第5楽章「嵐の後の喜ばしい感謝の気持ち」と大変分かり易く、そのまま自然の風景が頭に浮かんでくるようです。

 

「田園」はワルター聴いてから、ベームやガーディナ―・バーンスタイン・・・と聴き比べるのも一興です。