堺市の変人

堺市から情報を発信する変人親父です

味覚狩り

 私の実家には小さいながら庭があり、亡くなった父親の趣味で実のなる木が何種類か植わっています。

 父が亡くなった今、それらの収穫は私達夫婦の役目となっていますが、味覚狩りと言うと何を連想しますか?

 春なら「いちご」、秋なら「ぶどう」「なし」「みかん」・・・遠足などで体験された方も多いかと思います。

 私も職場のレクレーションでイチゴ狩りとみかん狩りに行ったことがありますが、新鮮で美味しい苺やみかんの食べ放題はとても楽しかった事を覚えています。

 しかし、実家の庭の木に生った実を収穫するのは味覚狩りの楽しさとは全く違い「苦行」の一言です。

 庭には「イチジク」「柿」「梅」の木がありますが、少し前は「梅」が最盛期でした。

 先日「梅」の実を採ってきましたが一本の木の梅の実を全部採りきるのはとても大変です。一般の「味覚狩り」は楽しい事の方が多いのですが、「梅」採りとなれば、長袖シャツ・帽子・首に巻くタオル・軍手は必需品!なぜなら、毛虫が這った後に毛が残っており、それらが落ちてきて身体に付くと後から湿疹状に赤くなり痒くなるのです。(実家の木は農薬等を使っていないので虫が沢山付きます。完全有機農法?)

 正直、梅など取りたくないのですが、義母が梅酒・梅酢・梅干などを毎年作るので「絶対取って来て」と厳命が下ります。去年なんかは、翌日に湿疹・痒みが出て家内は布団にダニが湧いたかと大騒ぎしました。

 そして梅の季節が終わってやれやれと思っていたらすぐに「イチジク」の季節です。

梅や柿はほぼ一度に食べ頃になるのでいいのですが「イチジク」はやっかいです。一度には赤く熟さないので3~4日おきに収穫しなくてなりません。大体一ケ月はそれが続きます。加えて収穫後の持ちも悪いのですぐ消費しなくてはなりません。

 家内は去年あたりから「イチジクのコンポート」を作っては大量のイチジクを年中食べられるように加工していまが、意外と人にあげても好評なようで、だいぶ調子に乗っているようです。

 「柿」は、ほぼ一度に収穫できるのですが、なにせ「渋柿」、採った後に焼酎で渋抜きしなければ食べられません。(干し柿にする技術を持っている人は渋抜きは不要です。)

 毎年一度は家中柿が入った袋だらけになります。柿とイチジクは量が多いので知り合いにもお裾分けするのですが加工するのが面倒な人には断られてしまいます。

 果物はとても美味しいもの、味覚狩りなどで自分が食べる分だけ取って食べる分にはとても楽しいものですが、一本の木全部を取り尽くすというのはとても大変なものなのだと父親が亡くなって初めて解ったオッサンでした。

サバイバルゲーム

 家内の職場では一年に一回「遠足」と称して日帰り旅行に出かけます。その部署の社員は絶対全員参加で転勤して行った社員にも声をかけバスを一台チャーターするという、結構本格的です。社員の家族も参加可なので人数は総勢30名くらいになるそうです。

 毎年「珍しい物を食べる」と言っては獅子鍋やクエを食べに行ったり、「日本の文化を知る」と言って和菓子作りに行ったりと色々な事を皆で楽しんでいるそうです。

 先日の遠足は、「サバイバルゲーム」だったようです。

 全員初心者、サバイバルゲームのサの字も知らない素人集団が挑戦するのですから、雨でも大丈夫な室内で初心者向けで銃もゴーグルもレンタルできる店を選んだようです。

 下は7歳から上は58歳までの男女30名でゲーム開始!ルールは単純、玉が当たったらその人は退場!二つのチームに分かれて先に全員いなくなったチームの負けです。

 最初は「こんな狭い場所でやり合ったって本当におもしろいんか?」と懐疑的な人も居たようです。(家内もその内の1人です。)しかも色んな障害物が置いてあるフィールドの中は照明も少し暗く、勿論見通しもききません、何処から敵が出てくるかわからないので最初は動くのが怖かったらしいです。

 しかし、最前線で打ち合いが始まるともう止まらない!いつの間にか全員夢中になって戦いとなっていました。(因みに、子供が銃を持って飛び出してくると一瞬撃つのを迷った人も居たそうです。「とてもシュールな光景だった」と撃つのを迷った人は言っていました。)

 下は7歳から上は58歳まで、30人の男女が歳も忘れて子供のように遊んだそうです。たった一時間でしたが大人も子供も「とても楽しく」そして「ものすごく疲れた」らしいです。

 「サバイバルゲーム」と言うと「戦争を遊びに使うなんてけしからん」と思われる方もおられるでしょうが、単純に子供の頃の遊びの延長として年齢を問わずに遊べるゲームのようです。

 子供達の反応も最高で、帰りのバスが来るのを待つ間「ねーねー、こんな時間あるんやったら鉄砲しようやぁ~」とごねる子も!

 もちろん帰りのバスの中では全員熟睡だったようです。

驕るな「議員」!

 今朝、自民党国会議員がお抱え運転手にパワハラともいえる暴言を吐き、おまけに暴力まで振るったというニュースが飛び込んで来ました。

 「この国は大丈夫かな?」という思いと共に、思わず涙が出て来ました。国会議員といえば国の進路を決める私達のリーダーともいえる存在ですが、なんとも情けない話です。

 しかし、暴力を振るったことによる刑事告発でも無い限り、国会議員には「リコール」がありませんので居座り続ける可能性もありますが、埼玉4区の有権者の方は複雑な気持ちではないでしょうか?

 「リコール」といえば、山本太郎議員(自由党)が4年前、秋の園遊会天皇陛下に手紙を直接手渡した事で多くの批判があり「リコール」が有ればといった声も聞かれましたが、最近の「森友問題」「可計問題」、今回の「暴言(暴力)事件」を見ていると、山本議員の行動よりも最近の政府や議員の行動の方が確信犯のように思えてきます。(決して褒められる事ではありませんが、山本議員の行動には悪気は無かったのでは?)

 多くの人びとが政府に対して不信感を抱いていますが、臨時国会でも何でもいいですから、真実を国民の前に明らかにして欲しいものです。

 「実るほど頭をたれる稲穂かな」!この事を実践している議員がもっと増えて欲しいとも思います。

昔ガラス

 数年前、高校時代の山仲間4人で、近江の方に一泊で旅行に出かけました。年に一回、持ち回りで出かけているのですが、もう、かれこれ50年になります。旅館の名前は忘れましたが、田舎のそれ程大きくもない旅館ですが「静かな佇まい」といった感じでした。

 夕食は旅館ですから、ひと通り出て来ますが、やはり還暦過ぎのオッサンには量が多く食べ切れませんでした。(近江牛なんか一口しか食べられませんでした。誠にもったいない事です。)

 、日が落ちる前に食事の部屋に案内されたのですが、ガラス越しに見る外の景色がゆらいでいます。そのようなガラスは初めてでしたので驚きました!今のガラスは生産技術が向上し綺麗な平面に仕上がっていますので、景色が揺らぐ(線が曲がる)ような事はありませんが、昔のガラスは面が波打っていますので景色がゆらいで見えます。

 しかし、私には景色がはっきり見える今のガラスより昔のガラスの方が「趣」があって温かみを感じました。

 日本では、もう昔ガラスは造られていないようです。今のガラスの平面をコーティングして「昔ガラス風」にしたものか高価な輸入物に頼るしか無いようです。

 窓硝子では無いですが、今使っているグラスはクリスタルのような薄くて透明では無く吹きガラスです。ジュースを飲むのもビールを飲むのにもこればかりですが吹きグラスの方がクリスタルに比べると温かみがあるように感じます。(吹きガラスの方がクリスタルより強いような気もします。)

 最新の技術で作ったガラスより、昔のガラスに惹かれてしまうのは時代遅れですね!。

ポピュリズムは世界の趨勢?

 最近良く「ポピュリズム大衆迎合主義)」という言葉を耳にしますが、日本ではあまり良い意味には受け取られていないようです。

 古代ローマでは「ローマ市民権を持つ者」といった意味があったようですが古くから大衆(民衆)運動が根強く脈々と流れているのが感じ取れます。

 米国や欧州の多くの国で台頭している此のこの運動は「いたずらに民衆の人気取りに終始する」といった危険性を孕んでいますが、本来、国が目指すべき道と大衆の意思をいかにマッチングさせるかが大きな課題であるようです。

 「ポピュリズム」そのものは、多くに人々の意見を反映させるという意味では、当然の事のようにも思えますし、民主主義の原点で有る様な気がします。

 しかし、今日、何故「ポピュリズム」が台頭してきたかを考えますと、少し考えさせられます。

 最近良く話題に出て来る「貧富の格差」が今日「ポピュリズム」対等の要因の一つになっているような気がします。世界をみると、上位62人と下位36億人の資産が、それぞれ1兆7600億ドル(206兆円)と同額だといわれています。世界では今でも多くの人が餓死していますが、片方では食料の半分以上(日本の場合)を破棄しているのを考えても富が一部に集中している事が窺えます。(日本では政府発表で年間1900万トン、民間調査では2700万トンの食糧が廃棄されています。これは、世界の7000万人が1年間食べていける量といった試算もあります。)

 国単位で考えてみましても、国の重要な役割である「富の再配分」が十分に機能していないように思えます。「格差」が時代と共により広がっているようにも思えてなりません。

 万民の為の政治が、ややもすれば「富裕層」「特権層」の利益を守っているようでは、「ポピュリズム」の台頭やむなしといった感じを受けます。

 アメリカでは、貧困層に多く配分されていた税金を取り戻そうと富裕層(年収約1000万円以上)だけの市が出来ているようですが、税金が貧困層に多く配分されるのは当然のです。そのうち街の周りに城壁でも出来るのでは?

 「ポピュリズム」を生みだしたのは、今日までの誤った政策あったような気がしてなりません。

 日本でも、毎日一生懸命働いても、子供に十分な食事すら与えられないといった貧困問題がありますが、政治家は大企業や献金者の御機嫌ばかりとらずに、しっかりと貧困問題に目を向けて欲しいものです。

人間に一番近い野生

 あなたは「犬派」「猫派」どちらですか?と聞かれたら私は迷わず「犬派です」と答えます。(どちらかと言えばですが!私は犬が居なくても暮らせます。)

 あくまで私の感想ですが、犬のほうが表情も豊かですし人の言うことを理解しているように思います。(決して猫派の方々の考えを否定している訳ではありません。)

 我が家のワガママ猫と生活しているからそう思うのかもしれませんが、昨日も網戸の網に張り付いて上まで登っておりました、家内はそれを見ても「こらっ!」と言っておでこを「ちょんっ!」と軽く突くだけでお終い?(おかげで年中カーテンを降ろす事が出来ません、冬でも解放感タップリです。)

 テーブルの上に乗っても同じようにしか叱りません、はっきり言ってあんなのは叱っている内には入りません、ただの自己満足です!。叱られている事が解っていませんからまた同じことを繰り返しです。

 昨日の深夜、深い眠りについていた私は、足の裏に走る激痛に「いたっ!!」と言いながら目が覚めました。

 足元を見てみると猫の爪が私の足の裏に突き刺さっておりました。家内の足元で寝ていた猫のところに、寝相の悪い私の足が行ってしまったみたいです。でも「何も本気の猫パンチをする程の事ではないだろう!」と思うのです。おまけに掃ってもなかなか爪が抜けませんでした。(なんと腹の立つことか!)

 家内は「悪気は無かったと思うよ、猫も熟睡しているところに足がきたから驚いてつい爪を立ててしまっただけ」と言いますが、私は殺気を感じました。

 犬は懐くと飼い主に牙を剥く事はありませんが、猫は気に入らない事があると飼い主にも平気で爪を立てます。

 有名な動物写真家の岩合光昭さんが「猫は人間に一番近い野生」と言っておられましたが名言と言わざるを得ません。

 猫好きの方々は「そういう自由気ままな所(野生)」が堪らないようですが、絶対に犬の方が表情豊かです。

 家内は「可愛くて可愛くて仕方ない」という我が家の凡猫ですが、やはり私にとっては敵以外の何ものでも無いようです。よく「猫と人間は躾が難しい」と言われますが、猫に比べたら人間の方がずっと躾し易いはずです!

「ビジネスクラス」に乗ったらしいです

 家内の知人が最近ハワイにいった後日談です。

 今回は張り込んで「ビジネスクラス(フルフラットシート)」に乗ったらしいですが、帰ってきての言葉が「ビジネスクラスは素晴らしい!エコノミーは荷物を運ぶ所、ビジネスクラスで初めて人として扱ってもらった!」とのたまっていたようです。

 「ビジネスクラス」の代金は「エコノミー」の2倍位しますので、私も一度しか利用していません。(マイレージのランクアップでした。)最近はハワイアン航空の少し足元に余裕のある「エクストラコンフォート」を利用していますが十分快適です。

 しかし、「エコノミーは荷物を運ぶ所」とのたまわっているハワイ好きの知人は、次回どんな顔をして「エコノミー」の乗るのかな?今から彼の言葉が楽しみです。

 ネットで「航空会社ランキング」(イギリス・スカイトラックスランキング)を見ると、第1位がエミレ―ツ航空(アラブ首長国連邦)、2位がカタール航空カタール)と続きますが、日本のANAは5位、JALは21位となっています。

 少し不思議に思ったのは、上位20位中にアメリカの航空会社が入っていない事です。先ほどの知人は、デルタ航空(アメリカ)を利用したようですが、彼が言っていた「エコノミーは荷物扱い」というのは少し極端な言い方のような気がしますが、アメリカでは良く「株主配当」という言葉を耳にします。「ビジネスクラス」の乗客は大切にするが「エコノミー」の乗客へのおもてなしは手を抜いて利益を優先させているのかな?そんな事が頭を過りました。

 何時も使っている「ハワイアン航空」は食事も普通です。(因みにJALの食事はちょっと・・・?)私は、「エコノミー」で十分満足しています。