堺市の変人

堺市から情報を発信する変人親父です

花吹雪

 桜の花もそろそろ満開、「今度の土曜日にはおにぎりでも持って近くの公園へ」と言っていた矢先、夕方から小雨が降ってきました。もう雨は止んだかな?桜は散っていないかな?ちょっと心配です。でも、今朝は穏やかな天気でワンコとのんびり散歩が出来ました。

 所々にある桜の木は満開の花を咲かせています。風に吹かれて散っている桜吹雪(ちょっと大袈裟ですが)の中をワンコと並んで歩いていると、「ひょっとして最高の贅沢!」なんて思ってしまいす。一匹は周りを見る事も無くトボトボ付いて来るだけ、後の一匹はセカセカと臭いを嗅いでいるだけの我が家の凡犬と預かり犬も日本犬らしく少しはこの風情を味わって欲しいものです。

 四季の変化を肌で感じられるわが国では、「春は桜」「夏は朝顔」「秋は紅葉」「冬の雪景色」というように誰もが心の中に思い出の四季の風情を持っています。砂漠や極北の四季の無い国に住んで居られる方から見ると、「値千金!」といった所かも知れません。

 昔は「冬支度」と言った言葉も有るように、今以上に四季の変化が人々の生活の中に溶け込んでいたような気がします。

 以前、テレビで雪景色の中、猿が赤い顔をして温泉に入っている光景が紹介されていました。私なんかは「俺よりのんびり暮しやがって風呂(温泉)から出て風邪でもひけ!」と思ってしまいますが、最近は外国人観光客が増えているそうです。外国人リピーターは、日本の自然を実際に楽しんだり、日本文化の原点ともいえる職人さんの手仕事を見たり体験したりといったツアーが増えていると聞きます。

 私が気付いていないだけで、世界が羨む日本がまだまだ有りそうです。身近にも世界に誇る美しい日本の自然が隠れているような気がします。

 「夏になれば暑い!冬は寒い!」と文句を言っているオッサンの独り言、説得力「ナッシング」ですね。

広告を非表示にする