堺市の変人

堺市から情報を発信する変人親父です

夏風邪にご注意!

 家内が一月前位から「風邪」で「今年の風邪は長引くわ」と言っていました。

 未だ少し咳が残っているようですので完治していないようです。

 私は、日頃から家内よりは運動をしているという自負も有り「少し身体が楽になったら体を動かして汗をかいた方が良い」とか言って高を括っていたのですが、罰があたりました。

 先週の金曜日から喉が痛くなり、土曜日午前中にクリニックを受診しました。

 先生曰く「夏の風邪は一番原因が分かりにくい」と対象療法のみといった具合です。

 今回の受診時には熱が出ていませんでしたので、ウィルス性では無いとの事、結局、花粉症なんかに処方される「セレスタミン」とアレルギー性鼻炎の「オノン」、そして咳止めの「ホクナリンテープ」の三種類、あくまで対象療法です。

 後は、自分の体が回復するのを待つしか無いようです。

 原因がはっきりしている、「インフルエンザ」なんかの方が、余程ストライクの薬が出せるようです。

 驚いたのは、今回処方された中の1つ、咳止めの「ホクナリンテープ」!

 以前の咳止めは、一日三回シロップを飲んでいた記憶が有るのですが、この3センチ角のテープは一日一回、ペタッと貼るだけ!

 カッコ良くって優れ物です。風呂から上って新しいのを貼る時も楽です!

 それにしても、家内は風邪のピーク時でも「食欲満点」、

 私の方は、食欲ナッシングで家内が羨ましい限りです。

 男と女の違いでしょうか?

 「人にうつしたら私の風邪は治るわ」と家内が喜んでます。

広告を非表示にする