堺市の変人

堺市から情報を発信する変人親父です

凡猫の膀胱炎

 一日前から我が家の凡猫の様子がおかしい!というのも、しっかりオシッコをしている気配が有りません。(私には分かりませんでしたが・・・)

 おまけに、今使っている猫砂は成分が「シリカゲル」、猫がオシッコをしても固まりません!加えて、吸水性抜群ですのでオシッコをした後、直ぐに手で触っても分からないという厄介者です。

 普段は、臭いの吸収も抜群で重宝していますが、排尿を確認するのには向いていないようです。

 大事に至っては大変と、念のため動物病院に連れて行った結果は「膀胱炎」!取りあえず点滴と注射に加え投薬一週間という診断でした。

 家内は、ちょっとショックだったようです。というのも、以前にもこの凡猫は一度同じ病気をしているのですが、それ以来、この餌をあげていて膀胱炎を再発した猫はいませんと、お医者さん一押しのフード(ヒルズの尿ケア・C/Dマルチケア)をあげていましたし、おやつ(煮干し等)も一切あげず半年位頑張ってきたのに・・・もう打つ手が無いといった顔をしていました。

 診察の時には、当然「餌は何をあげていますか?」「おやつはあげていませんか?」と色々聞かれますが、「最近ストレスになるような事は?」というお医者さんからの質問に、私は最近まで「預り犬」が居たなと思い当たる事を言ったのですが、家内はつかさず「最近この人がずっと家に居る事かな?(私の事です。)」と真面目な顔でお医者さんに言っていました。

 正直、以前私は実家と家を行ったり来たりしていましたが最近、家に居る事が多くなって居ましたので家内にしてみれば、それが凡猫の「ストレス」になっていると確信を持っているようです。

 猫から寄って来る時は良いにしても此方からは絶対に「触らない」「構わない」という事で、どうにか私も家に居られるといった状態です。

 膀胱炎は、間違って尿道が詰まれば腎炎を起こし命に係わるという事ですので、完治まで「我慢」の日々が続きそうです。

 横で家内が「完治まで違うで、ずっとやで!」と言っています。

広告を非表示にする