読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

堺市の変人

堺市から情報を発信する変人親父です

逃げられた!

 近くのショッピング街を歩いていたら、気になるポスターが目に入りました。

 「迷い犬 さがしています」6才の黒柴MIX、17㎏と大きめのワンコ、怖がりですが咬みはしないようです。5月5日に居なくなったとの事ですので、もう4日も何処かをうろついているようです。

 私も保護犬の預かりをして5年位になりますが、ワンコが家を自分の住家と認識するまでは気を使います。逃げられたら戻って来ません!

 小さめのワンコを預かった時、合う首輪が無かったためハーネスで代用したのですが、これも「スポッ」と抜けワンコが明後日の方向に逃げた時が有りました。ゆっくり歩いて近づき、隙をみて捕まえましたが確り咬まれました。(ワンコにもよりますが、走って追いかけたら余計逃げていきます。)犬に咬まれた傷が「疼く」のを初めて経験しました。

 いつぞやは、マンションの玄関で首輪抜けされ、マンションの車寄せ辺りでの大捕り物!此方が寄れば犬は逃げる!の繰り返し!入ろうとしている車の運転手に「早よ捕まえろ!」と叱られましたが、「捕まえられるものなら捕まえている!」と言い返したかったです。植え木の茂みに追い込み確保、「ホッ」としました。

 六甲山でも伸縮式のロングリードを持って山を下っていた時、私が転倒してリードが手から離れてしまい、驚いたワンコは一目散に山道を下って行きました。あわてて追いかけ車道まで出ましたがワンコは何処にも居ません。もう一度山道を登っていくと、途中で「キャンキャン」と犬の声、リードが木に絡まって動けなくなっていました。命拾いといったところです。それからは、保護犬には普通のリードとチョークをダブルで使い手が離れても良いようにうようにカラビナで繋いでいます。

 今、思えば逃げたワンコは揃って「ビビリ犬」でした。飼い主との信頼関係が出来るまでは要注意です!

 今日は雨、迷子犬が気になります。早く見つかりますように!