読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

堺市の変人

堺市から情報を発信する変人親父です

全粒粉のパン

 昨日、久しぶりに有馬の小さなパン屋「イーゲル」(小さなパン屋さんで紹介)に寄りました。目的はハード系のプレーン!実は少し前にテレビで鎌倉のパン屋さん巡りで中身の「ギュッ」と詰まったハード系のパンが紹介されていました。「美味しそう!」鎌倉までは行けません。思いついたのが「イーゲル」でした。

 お店に入ると、感動的な「出会い!」、普段は焼いていないパンが「私はここに居るよ」と私を呼んでいます。「全粒粉」の、それも「プレーン」です。ライ麦の「ドライフルーツ」や「えごま」入りなんかも有りましたが、素材の味がしっかり楽しめる中身の詰まった「全粒粉プレーン」で決まりです。

 結局、家内に押されてえごま入りとメロンパン2種類(プレーンとチーズ)も買って帰りましたが、プレーンの全粒粉パンもしっかり袋に納まっていました。

 翌朝、この「全粒粉パン」で朝食!バターを軽く塗ったもの、チーズを乗せて焼いたものと苺ジャム(自家製)、バター味はしっかり小麦の味がして「GOOD!」、チーズも苺ジャムもOKです。チーズや苺にパンが負けていません。好ましい小麦の香りが口一杯に広がります。

 電話でお店に問い合わせた所、この「全粒粉パン」は丹波産小麦100%で少し粗めに石臼で挽いてもらっているそうです。それも、全粒粉が入った時に焼くとの事ですが、木曜日に2個だけお店に並ぶようです。次は6月の新麦の時期、予約可との事ですが、今回はたまたまの出会いだったようです。

「イーゲル」のパンを食べると何時も思う事ですが、ここのパンは食べた時の派手さは有りませんが、ボクシングのボディーブローのように後からジワジワ効いて来る味わいが好ましく感じられます。店主の「美味しいパン」を作りたいという思いがストレートに伝わって来ます。

 ボクシングでボディーブローによるKOは決して名誉な事では無いと聞きますが、このパンの底力のあるパンチ力には脱帽といったところです。