読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

堺市の変人

堺市から情報を発信する変人親父です

無人島に持って行きたいCD(Part4)

 ボーカルにも色々ジャンルが有ります。クラシック系、ジャズ系、ポップス、演歌・・・私は何でも聞く派です。クラシック系とジャズボーカルについては、以前少し触れましたが、ポップスで一番良く聴くのは、エバ・キャシディの「Live at Blues Alley」!ギター一本で歌う彼女の声を聴いていると、「上手い!」と唸ってしまいます。すこしハスキーな歌声は情感たっぷりですが今はもう聴けません。もし、彼女のライブなんかが開かれたら何を置いても飛んで行きます。(あり得ない事ですが) もう一枚「imagine」!ジョン・レノンの名曲ですが5曲目に入っているエバが歌うイマジンは感動ものです。声にボリュームがあり本家本元よりも上かも?と思わせてくれます。

  大御所と言えば、セリーヌ・ディオンタイタニックのテーマ曲で有名ですが、私には少し優しく(美しすぎる?)ように感じます。「LOVED ME BACK TO LIFE」で聞こえてくるセリーヌの声は、少し悪(あく)もありパンチも効いていて聴き応えがあります。「NE-YO」や「STEVIE WONDER」とのデュエットなんかは「上手い!」と唸ってしまいます。

 男性歌手で良く聴くのがレイ・チャールズの「genius loves company」!デュエットものですが、ノラ・ジョーンズ、ダイアナ・クラ―ル、エルトン・ジョンナタリー・コール、ウィリー・ネルソン、B.B.キングとの共演となると悪い訳がありません。レイ・チャールズだからこそ出来たCDです。天性の音感で歌いあげる彼の「ガラガラ声」に痺れてしまいます。

 洋楽では、もう一人アレキサンドラ・バークの「HALLELUJAH」は外せません。「OVERCOME」の13曲目ですが、一度聴いてみて下さい!有り余る声量で歌いあげるハレルヤは正に圧巻です。ただ、聴くのはこの一曲のみです。他の曲はアップテンポで私はついて行けません。何時もハレルヤを聴くためにこのCDに手を伸ばしています。

 演歌では、美空ひばりの「愛燦燦」!可愛い声や艶やかな声・力強い声・・・一本調子で無くこれだけ多くの声を使い分けられる歌手はあまり居ません。強いて言えばエルビス・プレスリ―!「ULTIMATE GOSPEL」中でエルビスは、色んな声を使い分けているように感じました。(ゴスペルはエルビスの原点です。)

 最後に一枚、ちあきなおみの「ちあきなおみ リサイタル(中野サンプラザホール)」は好きなCDです。「ねえあんた」なんかは歌の領域を超えているように感じてしまいます。ここに「冬隣」が入っていれば最高ですがこればかりはどうしようも無いです。

 「冬隣」の歌詞が身に沁みる年になりました。