読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

堺市の変人

堺市から情報を発信する変人親父です

思い出の保護犬たち (Part 2)

 前回に引き続き心に残った(長く居た)保護犬のエピソードをご紹介します。

「岳」

 This is Japanese「柴」、誰もが認める典型的なカッコいい柴でした。保護主さんも「これだけの柴はめったに出ません」と言っておられました。

 肉球を痛めた時、ワンコの顔をロックして肉球に軟膏(人間用)を塗ろうとしたら、そのまま「ガブリ」、ジーパンが破れ通算2回目の負傷となりました。そんなに深い傷ではありませんでしたので此方にも軟膏をぬっておきましたが、やはりワンコの咬み傷は「ズキズキ」します。

 毎朝、近所コーヒーショップまで犬の散歩を兼ねて行っていた頃が有りましたが、店長が一目ぼれ!(ご家族の反対で、ならぬ片思いでした。)

 バリケンに入る時も「ハウス」でOK!ある時など、撫でてあげて「ハウス」又撫でて「ハウス』、3回目位に「ハウス」と言った時には、「ウ―ウ―」怒ってバックをしながらバリケンに入ったのには笑ってしまいました。

 今では、ご夫婦と娘さんばかりの家庭で、「岳ちゃん」「岳ちゃん」といって可愛がられています。

「ドン」

 ブリーダが殺処分すると言っていた為、一次保護者から「なんとか受け入れてもらえないか」と強く保護依頼が来た為、保護(ミニチュアピンシャーが4匹も!酷い話です。)されました。その中の一匹がわが家に来たドンでした、推定2~3歳・雄

 満足にご餌も貰えていなかったようで、食べ物に対する執着が強く散歩の時は拾い食い、家でフリーにしているとゴミ箱あさりといった状態でした。トイレもシートで出来ず、当然犬同士の付き合い方も知らないので他犬に嫌われる等、全く良い所無しのワンコでした。

しかし、眠くなると必死で人にくっつくか、膝の上に這い上がってきて体を丸めて安心して寝る姿は天使のようでした

 食事の準備をしていると、座卓に置いた目玉焼きを盗み食いしたり、私が食べようとしているインスタント焼きそばを膝の上に座ったドンが横取り(その姿と素早さはまるで映画エイリアンのようでした)、これだけの高等技術を何処で身に付けたのか?

 数え上げたら切りがないほど、色々やらかした奴でしたがなんとなく憎めないワンコでした。

 時々思い出しては「あいつどうしてるやろか?」と家内と二人懐かしんでいます。

 これからも保護犬たちがわが家に喜びや笑いを運んで来てくれると思うと幸せな気持ちになります。