読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

堺市の変人

堺市から情報を発信する変人親父です

わがが家のぼんぼん

  私は家内と二人暮らしですが、同居者が二人、いや二匹います。

家内にとっては大切な家族らしいですが、私にとっては、あくまで同じ屋根の下に住んでいるイヌとネコです。

「可愛くないの?」とよく言われます。それなりに可愛いですが、やはりイヌはイヌ、ネコはネコです。

イヌの方は「知人」、ネコに至っては私の「敵」と、いつもも言っています。

 ワンコの方は、一応私の事を主人だと思っているようですが、お座りと言って座るのは餌をもらう時と撫でてもらう時だけ、ほとんどの場合「おすわり」といっても、聴こえないふりをするといった具合です。

「おまえは凡犬やな」と言ってなでてあげると、尻尾を振って喜んでいる凡犬です!

 ネコに至っては、たまに抱っこしてあげると喜ぶどころか「シャー」と声を出して怒っている可愛さです。いつかは、額に猫パンチくらって、血がタラリと言った事も有りました。凡猫です!

しかし、家内は何時も「世界一可愛いワンコとニャンコ」と目を細めて、溺愛している始末です。

そんな時は、「世界一のワンコやニャンコは飼主の数だけいるで」「可愛い可愛いだけでは問題犬になるで」と皮肉っています。

そういえば、以前ワンコを連れていたご婦人に、冗談で「ワンコと旦那とどちらが大切ですか?」と聞いたところ、まじ顔で「そらワンコ・・・」との返答に、まあ冗談やろと自分に言い聞かせながらも、ひょっとしてマジ?あり得る!我が家も!と思ってしまいました。

マジな話、50~60代位のご婦人が集まって話をしていたら、よく、「うちの主人は去年亡くなったの」「あんた、良かったね」よくある話です。

家内のお母さんも、旦那が亡くなって1年ほどで「お母さん、今が一番幸せや」と言っておられました。

たまに、自分(男)の存在感に、ふと疑問符がつく事があります。歳のせいでしょうか・・・。

そんな事を考えながら、これからも、わが家のぼんぼん(凡犬と凡猫)との暮らしが続きます。

 普通の保護犬(猫)、ただの「知人」と「敵」ですが、最後まで面倒看なければ!

こちらが先に死ぬ訳にはいきません!